投打のかみ合った シドニー・シャークスが3連覇達成!

シドニー軟式野球リーグ通信

優勝したシドニー・シャークスとネオ・ショ−グンの選手の皆さん

日豪プレス杯 シドニー軟式野球リーグ通信

投打のかみ合った
シドニー・シャークスが3連覇達成!
優勝決定戦でネオ・ショーグン破る

 


力投するネオのエース岡林


シャークスのエース鈴本

■2月17日(日)クライマックス・シリーズ(優勝決定戦)ハイライト
シドニー・シャークス vs ネオ・ショ−グン(6ー3)

 開催が危ぶまれるほどの前日までの強い雨の影響で、グラウンド・コンディションが非常に悪い中、試合開始も遅れ午前9時20分にプレーボール。
 リーグ戦と異なる7インニング・マッチ(延長戦あり)のため、先発のシャークスの鈴本、ネオの岡林、両チームのエースの立ち上がり、スタミナが勝敗の分かれ目となるだろうと見られた中、試合は2回に動いた。
 まずはネオが2回表に鈴本のワイルドピッチで1点を先制。その後、早々に追いつきたいシャークスは、3回裏に9番安永の2点適時二塁打で逆転に成功。その後も四球、ヒットなどでこの回、一挙大量5点を挙げた。
 4回表にはネオが2点を挙げ5−3と2点差まで詰め寄るも、シャークスは6回裏にだめ押しにも近い貴重な追加点を挙げ、そのまま逃げ切り試合終了。両エースとも意地のぶつかり合いで完投し切ったが、今季リーグ戦同様、最後まで要所を締める安定したピッチングを見せた鈴本に軍配が上がった。
 優勝したシャークスには日豪プレス杯トロフィーとリーグより賞金300ドルが授与。惜しくも準優勝に終わったネオにも同リーグより賞金150ドルが手渡された。


※リーグでは新規加入希望者また参加チームを随時募集。また、6月からはウインター・リーグ開催も予定しています。お問い合わせはリーグ事務局まで(平林:Mobile: 0407-944-818)。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る