ラグビー・シーズン到来!/豪州ラグビー通信

豪州ラグビー通信
ラグビー・シーズン到来!

 スーパー・ラグビーの季節がやって来た。昨年に続き豪州、NZにおいては、それぞれのクラブによる各国内での大会として開催。規模は縮小となるが、世界トップ・レベルの選手たちによるコンペティションであることに変わりはない。どのようなパフォーマンスが繰り広げられるのか今年も楽しみだ。

 豪州では2月下旬に「スーパー・ラグビーAU」が始まり、開幕節ではレッズとワラタスが激突した。オコーナー、ペタイア、パイサミといったワラビーズのBKを有するレッズがワラタスを圧倒。41-7という記録的勝利でレッズが初戦を白星で飾った。

19年W杯に出場したジェームズ・オコーナー(レッズ)
19年W杯に出場したジェームズ・オコーナー(レッズ)

 もう一つのカードでは、昨年の覇者、ブランビーズがウエスタン・フォースと対戦。アイルランド代表、ロブ・カーニー(FB)など、大型補強を行い、番狂わせを狙ったウエスタン・フォースだったが、27-11でブランビーズが勝利、王者の貫禄を見せた。

 そして、同じ週末に日本ではトップ・リーグが開幕した。本来、1月中旬の開幕予定だったが、選手にPCR検査を行った結果、複数のクラブの選手たちから陽性反応が確認されたため延期。これにより、南半球と北半球の国で同じ週末にシーズンが開幕するという珍しいこととなった。そのトップ・リーグには、世界のスター選手たちが集まっている。キアラン・リード、マイケル・フーパー(いずれもトヨタ自動車)、グレイグ・レイドロー(NT Tコミュニケーションズ)といった、NZ、豪州、そしてスコットランドの各国代表キャプテンを始め、豪華な面々が大会を盛り上げている。日本でのW杯以降のラグビー人気はまだまだ続きそうだ。

解説者

YASU

「一度きりの人生、楽しまなきゃソンソン」という感じで、好きなラグビーを楽しむため、約10年間勤務した会社を退職し来豪。ローカルのクラブで10年以上プレーし、もはやラグビーが文化として根付いているこの国から動けなくなっている。日本ももうすぐこうなるかな? 大の犬好き。

 Sunday Footy!!

毎週日曜日(10:30~12:30)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さん是非お気軽にご参加下さい!Yasu 0412-553-535

 Ryukyu Bijin Yuzu Sparkling 幌北学園 blancpa kidsphoto nichigowine 
    日豪プレス キレイになろう特集 テイクアウェイ特集2020

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る