ワラビーズ、世界王者に連勝!/豪州ラグビー通信

豪州ラグビー通信
ワラビーズ、世界王者に連勝!

活躍が期待されるクウェイド・クーパー(© Nino Lo Giudice)
活躍が期待されるクウェイド・クーパー(© Nino Lo Giudice)

 ラグビー・チャンピオンシップ第3節で豪代表ワラビーズが、南アフリカ代表スプリングボクスに勝利。第4節での同じ対戦ではボーナス・ポイントを得る快勝で、19W杯王者に連勝した。

 開幕よりNZ代表オールブラックスに連敗を喫していたワラビーズは、第3節で4年ぶりの代表復帰となるクウェイド・クーパーを先発の司令塔に起用。クーパーは正確なキックとゲーム・メイクで試合を優位に進めると、終盤に1度逆転されるも最後に逆転サヨナラPGを決め見事に期待に応えた。続く第4節でもクーパーのプレーは冴えわたり、スプリングボクスから4トライを奪う快勝に大きく貢献。その結果、世界ランク7位だったワラビーズは3位まで一気に順位を上げ、1位だったスプリングボクスは2位に陥落。同日程でアルゼンチンに連勝したオールブラックスが2年ぶりに1位に返り咲いた。

 ワラビーズはその後のアルゼンチン戦も連勝。同大会を2位で終えた。優勝はオールブラックス。3位にスプリングボクス、アルゼンチンは全敗で4位という結果となった。

 同シリーズでワラビーズに復帰した選手は、クーパーの他にも、サム・ケレビ、ショーン・マクマーンがいる。彼らはいずれも日本のクラブに所属する選手たちだ。また、キャプテンのマイケル・フーパー、そして今季代表入りし、大活躍のアンドリュー・ケラウェイも昨季は日本でプレーしている。オーストラリアを離れ日本にいた彼らが、ブランクを感じさせず、むしろ更に磨きの掛かったパフォーマンスを披露していることが何ともうれしい。

 ワラビーズの次の対戦相手は日本代表(10月23日、大分)。とても楽しみだ。

解説者

YASU

「一度きりの人生、楽しまなきゃソンソン」という感じで、好きなラグビーを楽しむため、約10年間勤務した会社を退職し来豪。ローカルのクラブで10年以上プレーし、もはやラグビーが文化として根付いているこの国から動けなくなっている。日本ももうすぐこうなるかな? 大の犬好き。

 Sunday Footy!!

毎週日曜日(10:30~12:30)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加ください!Yasu 0412-553-535

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る