QLDレッズが初優勝! 2011スーパーラグビー

オーストラリア・ラグビーリーグ通信

Rugby
オーストラリア・ラグビー・リーグ通信

QLDレッズが初優勝! 2011スーパーラグビー

今年のスーパーラグビーは、レギュラー・シーズン1位のQLD州(ブリスベン)を本拠地とするレッズが順当に決勝へ進出、スーパーラグビー最多優勝を誇るクルセイダース(NZカンタベリー)と対戦し、見事初優勝に輝きました。

試合はレッズがPGで先制するも、NZ代表オールブラックスで活躍するクルセイダースの司令塔ダン・カーターが個人技でトライを奪い、あっさりと逆転。その後は一進一退の攻防が続きましたが、13−13の同点からレッズのSHウィル・ゲニアが65メートルを走り切り、劇的なトライ。レッズはそのまま逃げ切り、ホームとなるサンコープ・スタジアム(ブリスベン)に集まった5万2,000人超の観衆の前で、嬉しいスーパー初制覇を成し遂げました。

今年のスーパーラグビーはこれにて終了。9月にニュージーランドで開催されるラグビーW杯を占う大会となりましたが、豪州代表の活躍にも大きな弾みをつけています。

 

オーストラリア・ラグビーリーグ通信
スーパーラグビー初優勝に歓喜するレッズの選手たち

ワラビーズがテスト・マッチ開始

スーパーラグビーの興奮が冷めやらぬ中、レッズの選手15人を含む豪代表ワラビーズのスコッド40人が発表されました。早速始まったテスト・マッチ初戦のサモア戦(7月17日)では、代表経験の浅い選手を多く起用したワラビーズでしたが、試合開始早々にトライを奪われるとそのまま主導権を握られる厳しい展開。その後、1度も追いつくことなくサモアに歴史的初勝利を献上する結果となりました。

そして、トライ・ネーションズ(*)初戦となる南アフリカ代表スプリングボックス戦(7月23日)では、大幅にメンバーを入れ替え、覚醒。前回W杯王者から5トライを奪って快勝し、サモア戦の敗戦を払拭する内容で再びW杯優勝候補の一角に戻っています。

次の相手はNZ代表オールブラックス。さて、W杯の前哨戦ともいえるこのゲーム、いったいどのような内容となるのか、世界中のラグビー・ファンが注目しています。

*トライ・ネーションズは毎年行われる、豪州、NZ、南アフリ カの3カ国の代表チームによる大会

Sunday Footy

毎週日曜日(11AM~2PM)、フィッシュマーケット近くのウェントワース・パークで、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎。皆さんぜひお気軽にお越しください!

(問い合わせはYasuまで: 0412-553- 535)。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る