スーパー・ラグビーが開幕!

豪州ラグビー通信
ワラタスのバーナード・フォーリー(左)は、試合の鍵を握るゲーム・メーカー

スーパー・ラグビーが開幕!

文=YASU

ラグビー世界最高峰3カ国(豪、NZ、南ア)による「スーパー・ラグビー」が開幕し、既に第5ラウンド(3月16日)を終えています。開幕戦で、宿敵ブルスを倒し勢いに乗るシャークス(南ア)と3連覇を狙うチーフス(NZ)が無傷の連勝で首位争いを展開。それを豪州勢のブランビーズとワラタスが1敗で追いかけています。

豪州勢、注目の集まった序盤戦の大一番、「ブランビーズvsワラタス」は、豪華なBK陣を有し攻撃力の光るワラタスが優勢に思えましたが、ブランビーズが素早い出足でその攻撃のリズムを寸断し、終始リードする展開に。ワラタスは終了間際に昨年、最優秀新人賞に輝いたイスラエル・フォラウ(FB)がトライを奪い返すも及ばず、ブランビーズがホームに集まったサポーターの期待に応え勝利しました。

NZ勢では、王者の貫禄を見せるチーフス以外は、例年にないスロー・スタート。過去7度の最多優勝を誇るクルセイダースは、司令塔のダン・カーターの長期休養に加え、同国代表“オールブラックス”の至宝、リッチー・マコウもケガで早々に離脱し、苦しいシーズンになっています。ハイランダース、ブルース、ハリケーンズはいずれもまだ1勝のみで10〜12位に停滞し、早く白星を重ねたいところ。

南アでは、過去3度の優勝を誇るブルスを、シャークス、ストーマーズが追いかけるという、いつもの展開と思いきや、下位争いの常連であるライオンズが好調。既に3勝を挙げ幸先の良い立ち上がりで今大会を盛り上げるダークホース的な存在になりそうです。

レギュラー・シーズンは19ラウンドまで各チーム16試合、各国代表のテスト・マッチ期間である6月のウィンドウ・マンスを挟み7月12日まで行われます。その後、上位6チームによるファイナル・シリーズが行われ、8月2日に今年の王者が決定します。

Sunday Footy!
毎週日曜日(午後12〜2時)、シドニー・フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にお越しください!
Yasu: 0412-553-535
 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る