第35回 NAT さぁ、ともにブラジルへ

第35回 日豪サッカー新時代 超拡大版


さぁ、ともにブラジルへ

サッカーW杯最終予選

日豪サッカー新時代

文:植松久隆/写真:山田武 text by Taka Uematsu photo by Takeshi Yamada

6月4日、埼玉スタジアム2002。昨年6月のブリスベン以来、およそ1年ぶりの日豪戦には6万2,172人の大観衆が詰めかけた。今回は、日本にとって「5大会連続のW杯出場」が「3大会連続で世界最速」で決まる大事な試合。豪州にとっても、アウェイでのライバル日本との対戦は、W杯出場の瀬戸際で粘れるかという「負けてはならない」試合。そんな重要な試合を控えたスタジアムを、身震いするような雰囲気が支配した。


本田圭佑。エースの貫録、そのひと言に尽きる
 

日本の若き至宝・香川真司、この日は本田との連携で再三ゴールに迫った
 

サッカルーズ、若手の期待の星ロビー・クルーズ。この日と次のヨルダン戦で次代を 担う才能を見せつけた

豪州のAFC転籍以来、できうる限りすべての日豪戦にライブで身を置くことを己に課してきた筆者は、今回も埼玉に飛んだ。久々の国内での代表戦、しかも日豪戦となれば興奮しないはずがない。試合当日は、豪州サッカーをよく知るライターということで、とある民放局のテレビ取材を受けたりとバタバタしていたのだが、何とか試合30分前にはプレス席に腰を下ろすことができた。

視界にスタジアムを俯ふかん瞰した瞬間、「あ…」と声なき声が口を突く。今か今かと試合開始を待つ6万人の人いきれが、場内の雰囲気をさらに掻き立てている。「これぞ、日豪戦のあるべき姿」と感じながら、キックオフの笛までしばしその雰囲気に身を委ねた。

日豪両国の意地と意地とが激しくぶつかり合う好ゲームとなったその試合内容は、既に読者諸氏もご存知であろうから、ここで詳つまびらかにはしない。結果は、日豪両国の間に立つ身にしてみれば、「どちらも傷つかない」1—1のドロー。終了間際の劇的なPKで追いつき、ホームでW杯出場を決められた日本にとっては、結果オーライというところだろう。

気合いのこもった内容でのドローに、試合後のオジェック監督も満足げ。試合前には、この試合の内容如何では「オジェック解任」の含みもあると豪メディアの記者たちは囁いていた。もしそれが事実だったならば、解任含みのかなり追いつめられた状態で試合に臨んだことになるオジェックだが、さすがにそこは海千山千。そんなことをおくびにも出さず、目の前の決戦にフォーカスして最低限の結果を引き寄せることで、自らの首を繋げてみせた。

試合後のミックス・ゾーン。勝ちを逃した日本の選手は総じて表情が硬い。そんな中でも印象的だったのは、待ち構えた大勢のメディアを引き連れながらも終始無言の本田圭佑。劇的なPKをゴールの真ん中に叩きこんだ後だけに、常人なら何かしらマスコミに語りそうなところだが、結局ひと言も口を開くことはなかった。

一方、引き分けで残り2戦の必勝が義務付けられた割には、全体的に表情が柔らかかったのがサッカルーズの面々。キャプテンのルーカス・ニールに日豪戦の度に聞いてきたお約束の問い「日豪のライバル関係について」をぶつけたところ、「お互いが力を認め合い、対決の度にスタイルは違ってもベストをぶつけ合って、ともに高めていく素晴らしいライバル関係だね」と語ってくれた。


埼玉の日豪戦の熱い夜を経ても、サッカルーズのW杯への道のりは終わらない。彼らにとっては埼玉の日豪戦は試練の3連戦の初戦に過ぎず、帰国後の2週間で、ヨルダン、イラクを迎えての非常に重要なホーム2連戦がサッカルーズを待ち構えていた。

日豪戦で引き分けたことで、自力通過となるグループ2位の座を確保するには、残りを連勝し勝ち点6を積み上げることがマスト。それだけに、11日のメルボルンでのヨルダン戦を、サッカルーズの次代を担うロビー・クルーズの大車輪の活躍で4−0と圧勝できたのは非常に大きかった。


勝負を決めたジョッシュ・ケネディの“神”ヘッド
 

イラク戦の劇的勝利でW杯出場を決め喜ぶサッカルーズ

そして、迎えた18日のシドニーでのイラク戦。グリーン&ゴールドで染まった満員のスタジアムは、W杯の夢が絶たれ若いチームで臨んできたイラクに対して、サッカルーズが試合を優位に進めることを期待していたのだろうが、そううまくは話は進まない。

ピッチ上のサッカルーズは、先週の出来が嘘のように動きが悪く、なかなか有効な攻めの方策を見い出せない。期待のケーヒルも、この日は精彩を欠いていた。

そんな試合も残すところ12分となった時点で、ようやくオジェック監督が動いた。これまでは、筆者にしてみればピントのずれた交代策しか講じない印象の強かった指揮官が、最後の最後で思い切った采配を見せた。エースのケーヒルに代えて、ジョッシュ・ケネディを投入。その交代がピタリとハマる。ケネディが、およそ2年ぶりの代表戦の最初のシュートで、MFマーク・ブレシアーノからのクロスをヘッドでゴール右に流し込む。その風貌から“ジーザス”とあだ名されるケネディの値千金のゴールが、そのまま決勝点となり、サッカルーズは苦しみながら、“神”の導きでブラジル行きの切符を手にした。

さぁ、ともにブラジルへ——。ブラジルW杯まで、残すところあと1年。そろって出場する日豪両国が、アジアの雄に恥じない準備をして、W杯の舞台で躍動するのを今から楽しみにしたい。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る