しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン/ポールさん(ゴルフ歴25年)

お悩み解決!しゅり先生のゴルフワンポイントレッスン
ポールさん

●今月のお悩み●
時々、ティー・ショットがヒール側に当たり右方向に飛んでしまうことがあります。ミート率をアップさせたいのでアドバイスお願いします。(ポールさん=ゴルフ歴25年)


1


2


3


4


5


6


しゅり先生のワンポイント・アドバイス

 ポールさんのお悩みは多くのゴルファーと同じく右方向にティー・ショットが飛んでしまうことのようですね。早速スイングを拝見すると、まずはアドレスでのボールの位置が真ん中にあるため(写真1)、右に行きやすいようです。ドライバー時のボールの位置は左足かかとの延長線にあるのがベストです。
 そして、アドレスで左肩が上がるほど左手に力が入っています(写真1)。そのため、左手と左腕でバック・スイングを上げてしまい、ダウン・スイングからフィニッシュまで右足に体重が残っています(写真4&6)。
 また、フィニッシュでも手首が硬いままでうまく使えてなく(写真6)、クラブ・ヘッドが振り切れていません。アドレスで左肩を脱力して、左手のグリップもリラックスさせ、スムーズな体重移動に気を付けてください。インパクトでも力を入れず同じリズムで振り切りましょう。ショットのミート率アップには、常に同じ軌道、同じリズムでスイングすることが重要です。

相談者の感想

 このように実際の画像を見ると、思った以上にアドレスで力が入っていることが分かりました。確かにボールの位置が両足の真ん中にありますね。肩の力を抜いて、ボールの位置を左足のかかとの延長線にしてみます。体重移動と、フィニッシュでは力を抜くことに気を付けます。ありがとうございました。

紙上レッスン希望者は下記までお気軽に連絡を!
Tel: 0419-428-131
Email: shuriyasuda@hotmail.com
Web: www.ameblo.jp/shuriyasuda

アドバイザー

しゅり先生

しゅり先生

1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員。
Web: www.ameblo.jp/shuriyasuda

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 kidsphoto nichigowine
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る