ゴールドコースト・エアポート・マラソンで スポーツの秋を満喫しよう!

ゴールドコースト・エアポート・マラソン
CGマラソンは初心者からベテランまで楽しまれている

谷川真理さんも参加

ゴールドコースト・エアポート・マラソンで
スポーツの秋を満喫しよう!

今年で第33回を迎えるゴールドコースト・エアポート・マラソン(GCマラソン)は、その名の通り、気候 の良い7月にゴールドコーストで開催されるマラソン大会だ。QLD州地元で行われる走りやすいコースの大 会、ベテラン・ランナーも初心者も、潮風に吹かれながらスポーツの秋を楽しんでみてはいかがだろう。

ゴールドコースト・エアポート・マラソン
前回大会の女子マラ ソンで優勝した吉田 香織選手

  今年のGCマラソンは7月2日(土)と3日(日)に開 催される。
 主催者の州営企業イベント・クイーンズランド・ゴー ルド・コーストは今回も、昨年の2万3,000人に負けない ぐらい多くの参加者を見込んでいる。特にこのマラソ ン大会は、日本がうだるような暑さになる7月に、しの ぎやすい南半球で開催されるイベントということで、 日本での知名度・人気も高く、昨年の大会には日本から 1,100人以上のランナーが参加している。
 今年既に参加を決めているランナーの中には、東京 国際女子マラソンでの優勝をはじめ、日本内外の大会 で活躍してきた谷川真理さんがいる。ハーフ・マラソン に出場するほかに、期間中のさまざまなイベントで日 本人参加者を応援する予定だ。
 GCマラソンの醍醐味は、美しい海岸線に沿ったコー ス。高低差がわずか8メートルと平坦なため、マラソン 初心者はもとより、ベテラン・ランナーの記録更新にも お薦めだ。また、この時期のゴールドコーストは湿度が 低く、風もほとんどない上に、日中の気温も10~20°C とマラソンには絶好のコンディションとなっている。
 レースの種類としてもフル・マラソンはもちろんの こと、子どもから年配者までそれぞれのレベルで楽し めるよう、ハーフ・マラソン、10キロ・ラン、5キロ・ラ ン&ウォーク、車いすハーフ・マラソン、4キロ・ジュ ニア・ダッシュ、2キロ・ジュニア・ダッシュと、いくつ ものイベントが用意されており、年齢によって、また 経験や力量によって、自分にあったレースを楽しむこ とができる。このうちフル・マラソン、ハーフ・マラソ ン、10キロ・ランは、国際陸上競技連盟(IAAF)認定のコースとなっている。

ゴールドコースト・エアポート・マラソン
サーファーズ・パラダイス (Photo: Tourism Queensland)

  参加者の便宜を図って、7月3日には会場内でシャト ルバスが運行される。6月29日から7月3日までは日本 語デスクも開設され、日本語で案内をするボランティ アが各所に配置されるなど、英語に不安があっても安 心して参加できるようにと、日本人ランナーへの配慮 もなされている。
 また、イベント開催中は、GCマラソンの受付会場に もなっているゴールドコースト・コンベンション・アン ド・エキジビション・センターでアシックス・スポーツ& レジャー・エキスポが開かれ、スポーツ関連用品や健康 関連商品の紹介のほか、さまざまなイベントが催される ことになっている。エキスポは、マラソン参加者でない 一般の人たちも無料で入場できるので、秋の1日をレー ス観戦・応援と合わせて楽しむというのもいいだろう。
 GCマラソンの参加申込は、前日の7月1日午後8時ま で受け付けており、ウェブサイトから申し込むことが できる。参加料は、年齢とコースによってそれぞれ違 う。例えば、豪州国内からの申し込みで18歳~64歳の ランナーのフル・マラソンの場合で110ドル、ハーフ・ マラソンで80ドル、5~14歳の子どもが参加する4キロ のジュニア・ダッシュで25ドルなどとなっている。申し 込みの詳しい手順や参加費の詳細については、大会の ウェブサイトを参照しよう。
■GCマラソン公式ウェブ
Web: www.goldcoastmarathon.com.au(英語)
Web: www.gcm.jp(日本語)
■ASICS Sports and Leisure Expo
会場:Gold Coast Convention & Exhibition Centre(2684 Gold Coast Hwy., Broadbeach, Gold Coast)

ゴールドコースト・エアポート・マラソン
GCマラソンのコース

快適に、効果的に走る【練習・準備編】
ウォームアップとストレッチは必 ずし、楽なペースで走ろう

ゴールドコースト・エアポート・マラソン
J.Fit Japan Fitness Serviceのヨシコさん

  初心者でも参加できる、とは言って も、日ごろから運動を心がけている人 はともかく、そうでない人たちはGC マラソンに向けての準備が必要だ。これから本番に向け てどんな練習をしたらいいのか、心がけたい点などを、 ゴールドコーストのフィットネス・クラブ「Jフィット・ ジャパン・フィットネス・サービス(J.Fit Japan Fitness Service)」のトレーナー・ヨシコさんに聞いた。
●ウォームアップとストレッチ
  ランニング・トレーニングを始める前には必ずウォームアップ を。特にこれから冬に向かい寒くなってくるので、玄関を出て いきなり走り始めるのではなく、5分程度歩くなどして、徐々に 体を温めてから走り始めよう。また、走れる体作りのための筋 力トレーニングをする際も同様に。
 トレーニング終了後にも必ずストレッチをする。筋肉の「使 いっぱなし」は禁物だ。トレーニングによって疲労した筋肉を 伸ばすことで関節のストレスを和らげる。トレーニングしたこ とで満足し、つい忘れがちなアフター・ケアだが、ストレッチを することでケガや故障を予防すると同時に、良い走りにもつな がる。可動域(腕や脚などの動く範囲。筋肉の柔らかさなどと 関係がある)の広さ狭さがランニング・フォームの善し悪しを左 右していることもある。
 ストレッチの方法としては、反動を使わず、ゆっくり少しず つ伸ばしていき、「伸びて気持ちいい」と感じるところで止め て、そのまま10~30秒間キープする。「痛いぐらい伸ばす方が 好き」と言う人もいるようだが、あまりお薦めできない。“伸ば し過ぎ”には十分注意してほしい。また、お風呂上がりなど、体 が温っている時に行うのも良い。
●レースが近づいて来たら
  走る練習は無理のないように。レースの3~4週間前ごろから は走る距離を減らし始め、レースに向けて体調を整える。レベ ルによって走り込みの距離は違うが、いずれのレベルでも走り 込みが少ないからと言ってレース近くなってから無理に走り込 もうとしないことが大切。

ゴールドコースト・エアポート・マラソン
完走の充実感はなにものにも代え難い

●マラソンを走りきるために
  スタートが肝心。当日は、スタート地点の雰囲気に興奮し、 周りの走者につられてついつい自分のいつものペースより速く 走ってしまいがちだが、そうなると後半疲れ切って歩いてしま うことにもなりかねない。楽に感じるくらいのペースでスター トし、後半もそのペースを維持して最後まで走り切ろう。
●炭水化物中心のメニューでカーボ・ローディング
  フル・マラソンを走り切るためのエネルギー源である炭水化物 (糖)をしっかり摂取しよう。レースの数日前から炭水化物中 心のメニューで。普段食べ慣れているもので摂ることが望まし い。パスタやご飯は糖が豊富だ。レース前だからと滅多に食べな いものを無理に食べないように。
●レース中のエネルギー補給
  疲労が少なく元気な前半からこまめに炭水化物(糖)を補 給しよう。バナナやエナジー・バーなども糖が豊富だが、エナ ジー・ジェルの方が消化吸収しやすいのでベターだ。軽量でかさ ばらないタイプのものを選べば、ポケットやウエストポーチに 入れて走っても、さほど気にならない。ジェルは必ず水と同時 に摂ろう。
 摂取のタイミングとしては、給水ステーションが近づいて来 た時にジェルを口に含み、十分な水で流し込むのが良い。ジェ ルよりもスポーツ・ドリンクの方を好む場合も水と合わせる方 が効果的だ。注意点としては、スポーツ・ドリンクとエナジー・ ジェルを合わせて摂取しないこと。両者を同時に摂ると胃の炭 水化物の濃度が高くなり過ぎ、吸収が遅くなる。
 スポーツ・ドリンクやジェルが好きでない場合は、スーパー などの菓子売り場やニュース・エージェントで売っている「jelly babies」や「snakes」などで代用できる。
快適に、効果的に走る【シューズ&ウェア編】
底の厚いランニング用シューズと、 高機能素材のウエアで

ゴールドコースト・エアポート・マラソン
参加者は、子どもから大人、シニアのラン ナーまで(Photo: Tourism Queensland)

  ケガなく、安全に、快適に、楽しくGCマラソンに参加 するために、シューズやウエアも慎重に選びたい。
●シューズの選び方
  まず、自分の足に合った靴を選ぼう。また、スポーツ用の シューズには、目的に応じてさまざまな工夫がなされているの で、長距離走るのに適した種類の靴を選ぼう。
 マラソンなどのランニング用には、膝への負担を防ぐため、 靴底、特にかかとの部分が厚くなっている。マラソンは長距離 だから、軽い方が疲れないだろうと軽いシューズを選ぶと、こ うした靴は、ほぼ例外なくかかとの部分が薄めになっている ため、脚に負担がかかってしまうこともある。同じ理由で、 ウォーキング・シューズをマラソンではくのもお薦めできない。 ウォーキング・シューズは、疲れにくくするため軽量に作られて おり、そのため靴底が薄くなっている。
 また、トレーニングで履き慣れたシューズでレースに参加す ることも大切だ。新しい慣れない靴では、レース中にマメがで きたり、トラブルの原因になりかねない。
●ウエアの選び方(素材)
  なんと言っても、素材がポイント。高機能素材(高機能ファ ブリック)などと呼ばれる布地でできたウエアを選ぼう。
 高機能素材には、実にさまざまな種類と用途があるが、ス ポーツ向けのものとしては、製造メーカーによりクールマック ス(Coolmax)やドライフィット(Dri-FIT)などの登録商標で 呼ばれるものが、ランニング・ウエアはもとより、テニス・ウエ ア、ゴルフ・ウエアなど、幅広い商品に使われている。素早く汗 を蒸発させ、熱を放出しやすく、通気性にも伸縮性にも優れて いるので着心地が良い。今回のように屋外のスポーツの場合に は、さらにUV機能高いものを選べばいいだろう。
 綿素材は体から放出される熱が発散されにくいので、ランニ ングのような運動には向いていない。

ゴールドコースト・エアポート・マラソン
マイアミ(Photo: Tourism Queensland)

●ウエアの選び方(形、そのほか)
トップス:高機能素材で、さらにメッシュだと、熱・汗の放出が 早い。
ジャージ:前開きのフル・ジップだと着脱が簡単。
ソックス:長距離を走るマラソンの場合には、厚めの靴下が望まし い。薄いソックスでは足とシューズが擦れ、マメができやすい。
ランニング・パンツ:軽く、動きやすいものを
ロング・タイツ(ロング・スパッツ):レースやトレーニングの 後にはくとよい。高機能素材だと通気性が良く、素早く熱・ジメ ジメ感を取り去るので、快適。また、はくことで、血行が良く なり、痛みを和らげ、筋肉の回復を早め、疲労が残りにくくす る効果もあるため、ケガが起こりにくくなる。
ショート・タイツ(ショート・スパッツ):ロング・タイツに比べ ると、動きやすい。
スポーツ・ブラ:女性。普通のブラに比べ、ストラップが太く、 しっかり胸をキープするので、肩こりを防ぐことができる。
そのほか:サングラス、帽子、日焼け止めも忘れずに。
●早めに購入して慣れよう
  ヨシコさんは、GCマラソンを機会に新しいシューズやウエ アを購入しようと考えている人に、早めに買うことを薦めてい る。当日の靴擦れやウエア擦れを避けるためだ。
 ウエア擦れは、例えば、シングレット・タイプのトップスの袖 ぐりの所と腕が擦れるなどして起こるもので、事前に当日着る ウエアを着て走ってみることで、問題があるかどうかを確認す ることができる。また、擦れそうな部分(例えば、股間、脇、 乳首、腿)には、走る前にワセリン(Vaseline。薬局などで買 える半透明のスキン・バリア・ジェル)などを塗って摩擦を起き にくくし、皮膚を保護しておくとよいという。
 また、当日、万が一悪天候になっても慌てずにすむよう、使 い捨てポンチョ、綿の手袋、なくなっても差し支えないトレー ナー(スタート直前、コース途中で脱ぎ捨てることもあるかも しれないので)などを用意し、スタート前に体が冷えないよう な準備をしておくと安心だ、という。
谷川真理さんと一緒に走ろう!
  谷川真理さんは、1991年に東京国際女子マラソンで優 勝した後、日本内外の大会に出場・優勝しているが、その 中には92年のGCマラソンでの優勝も含まれる。現在で は、アミノバイタルACに所属し、現役ランナーとして走 り続けるほか、マラソンの普及にも力を入れ、「谷川真理 ハーフ・マラソン」を主宰すると同時に、講演やマスコミ 出演、本の執筆など、多方面で活躍している。また、流通 経済大学の客員教授も務めている。
 今年のGCマラソンでは、レースに参加するだけでな く、大会会場で谷川さんを囲む企画も予定されており、貴 重なアドバイスを得ることができそうだ。
 その谷川さんから、日豪プレスの読者にメッセージが届 いている。

ゴールドコースト・エアポート・マラソン
「今年もGCマラソンで走らせていただき ます ! 昨年久しぶりに参加して改めてこ のマラソンの素晴らしさを感じました。 海を眺めながらのフラットなコースなの で初挑戦の方や市民ランナーの目標『サ ブ4』も出やすいのではないかと思いま す。私は今回ハーフ・マラソンを一緒に走 る予定です。声を掛け合いながら皆さん 楽しく駆け抜けましょう ♪♪」

GCマラソンでハーフ・マラソン以外に谷川さんに会 えるのはココ !
◎GCマラソン・セミナー&ストレッチ 7月1日2PMより、受付会場エキスポ内
◎モーニング・ラン 7月2日7AM(雨天中止)、場所は6月ごろ日本語ウェブサイトで公表。谷川さ んなどとビーチ沿いを走り、ビーチでストレッチ
◎サイン会 7月3日10AMと1PMの2回、大会会場内のジャパン・テントで
■谷川さんの公式サイトとブログ
Web: www.tanigawamari.co.jp
Web: gree.jp/tanigawa_mari/blog
通訳ボランティアを募集
  GCマラソンでは、日本からのランナーのための日英通訳ボランティアを募 集している。今年の大会では参加者のうち、日本人ランナーは約2,000人とみ られており、仕事の内容は、英語の話せない人たちのために、案内所や、登 録所、売店、救急、シャトルバスの停留所などで、通訳をすることとなって いる。
 ボランティア通訳は、1日を午前と午後を分けてそれぞれを1シフトとし、6 月29日(水)から7月3日(日)までの間、最低2シフト以上担当する。 シフト中は、食事、大会のスタッフTシャツ、会場への入場許可証が支給さ れる。また、大会主催者からの感謝状が贈られ、大会後のボランティアへの 打ち上げパーティーへ招待される。 ボランティア希望者は、5月23日までに下記へ連絡を。
■ボランティア問い合わせ
Rachael Whiteさん(Events Queensland Gold Coast )Tel: (07)5668-9888
Irene Nicholsonさん Email: irene@goldcoastevents.com.au
詳細Web: www.goldcoastmarathon.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る