【PR】豪州発!世界初!Sway抑制に特化したゴルフ・スイング専用インソール

ゴルファーたちの楽園!オーストラリアでゴルフを楽しもう

ゴルフ・シューズのインソールを変えるだけで劇的にゴルフのパフォーマンスが向上するという夢のような話をご存知だろうか。数学、物理学、人間工学、解剖学など幅広い知識に基づき計算して作られたインソールは、ゴルフ上達の鍵になるだけでなく体に優しいスイングを実現しやすくなるとされ、前述の板橋氏はもちろん、数々のプロ・ゴルファーたちから支持されている。魔法のようなインソールの秘密を、開発企業ゴールド・グラビティの最高技術責任者・冨永琢也氏に話を伺った。

PR

プロでも悩む、スイング中の「Sway」

豪州発!世界初!
Sway抑制に特化したゴルフ・スイング専用インソール

スイング中のSwayを足元から改善

冨永氏によると、プロでも悩むスイング中のSwayの原因は足元から来ているという。「ゴルフにおけるSwayとはスイング中に体の重心が右に左に動いてしまうことです。これにより重要な回転運動が損なわれ、ミス・ショットが激増してしまいます。実は、これと同時に必ず起こることがあります。それは、足が動くことです。つまり、スイング中に生じる左右への体の動きが、足の踏ん張りが利かず、回転運動にうまく変換できていないことがSwayとなってスイングに現れるわけです。踏ん張りが不十分でスイング中に足が動いてしまうということは、キャスター・チェアの上から前方に向かってジャンプすることと全く同じで、正確性も飛距離も激減してしまいます。しっかりと動かない土台があるからこそ、より遠くに、より正確に飛ばすことができるのです」と同氏は語る。

そこで、足の踏ん張りを最大限追求した超特殊形状のインソールを冨永氏は開発した。その名も「スパイラルターン」。足の動きをインソールによって誘導することで、Swayを減少させ体の回転力を増加させる。また、数学と物理学に基づいて体の動きを分析しスコア化することで、1人ひとりに合わせたミリ単位の調整を可能とするインソールの作製技術の構築を実現した。ゴルフ以外のスポーツや膝痛など体の痛み軽減のためのインソールはゴールドコーストにある冨永氏のスタジオに直接来店した人限定で作製できるので、足を運べる人はぜひ試して欲しい。

またインソールは主に医療現場でも使われている特殊な素材「人工筋肉」で作られ、肌が当たる部分はランボルギーニなどの高級車の内装にも使われる素材を使用しているため肌触りも良く、極めて壊れにくい。素材は全て安心の日本製だ。

スマホで簡単、ネット注文でもハイ・クオリティー化を実現

驚くべき効果を生み出しているインソールだが、オーダーも驚くほど簡単にできる。これまでは、依頼主が直接冨永氏に会わなければオーダーすることができなかったが、今月から自分のゴルフ・スイングを撮影した動画と足の写真をゴールド・グラビティのウェブ・サイトから送るだけでオーダーができるようになった。これも、スイングの動きと足の形状から数学などを応用しユーザー1人ひとりにあった形状を算出できる冨永氏だからできるオーダー法だ。オーストラリア国内ならどこからの注文でも対応してくれるのでぜひ利用してみよう。

世界初 Bio-Earth Technology搭載のゴルフ・インソール

Bio-Earth Technologyは、数種類の鉱物から特殊な方法で作られた液体を用いて材料に鉱物の力を埋め込む最新技術で、ユーザーからの高評価はもちろん、研究機関からも関節の可動域向上を始め、ストレス軽減、リラックス効果、安眠効果、さらには身に着けておくだけで抗酸化作用が得られるという驚きの効果がデータで示されている。スイングを安定させるだけでなく、怪我予防や健康にも気を遣って、より楽しく、より継続的にのびのびプレーを楽しんでもらいたいという冨永氏の思いが込められている。

新インソール販売記念キャンペーン

通常398ドル➡298ドル
Bio-Earth加工を施したゴルフ用のインソールを何と今回に限り100ドル引きで販売。ゴールド・グラビティのウェブサイトから注文する際に「Nichigo」と記入を。このチャンスをお見逃しなく!

■ゴールド・グラビティ
■住所:Suite 17a, 42-46 Bundall Road Bundall
■Tel: 0478-804-699
■Mail: tominaga@gold-gravity.com
■Web: www.gold-gravity.com

冨永琢也
ゴールド・グラビティの最高技術責任者。博士(専門は予防医学とバイオメカニクス)でフット・ケア・トレーナー(マスタークラス)。日本の病院で8年間理学療法士としてリハビリとインソール作製技術を磨いた後独立し一家4人で渡豪。これまで日本を初め、オーストラリア、シンガポール、イタリアなどへインソールの技術提供を行い、合計2,000足以上のオーダーメイド・インソールを作製してきた経験を持つ。


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る