Vol. 26 ロッキー・エルサム選手、トップリーグ参戦

Go! ワラビーズ in Japan
エルサム選手の今後の活躍に期待がかかる

 

Go! ワラビーズ in Japan

Vol. 26 ロッキー・エルサム選手、トップリーグ参戦

 

 前回の締め切りの直後、ビッグ・ニュースが舞い込んできた。

第76代ワラビーズ・キャプテンであり、今シーズンはNSWワラタスでキャプテンを務めたロッキー・エルサム選手のトップリーグ参戦が発表されたのだ。エルサム選手が所属するのは神戸製鋼コベルコ・スティーラーズ。その名の通り、神戸に本拠地を置き、過去には日本選手権7連覇(1988~94)を達成するなど、日本ラグビー界の老舗的存在のチームである。ここ数年では、ジョエル・ウイルソン氏(元ACTブランビーズ)、アダム・ウォーレス=ハリソン選手(QLDレッズ)、ジェームス・ヒルゲンドルフ選手(メルボルン・レベルズ)らが所属していたこともある。

 エルサム選手と同じ3列目には、ニュージーランド出身のジョシュ・ブラッキー選手、この春に日本代表として活躍していた伊藤鐘史選手、日本代表キャップ10を持つ谷口到選手らがおり、ポジション争いも激しくなりそうだ。世界のトップ・レベルのラグビーを熟知し、オーストラリアのみならずアイルランドでのプレー経験もあるエルサム選手は、日本ではどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。世界中のファンを魅了する力強い突破を見られるのが待ち遠しい。

この神戸製鋼には南アフリカからも2選手が所属している。SOのピーター・グラント選手、そして南アフリカ代表キャップ69を持つCTBのジャック・フーリー選手だ。外国籍選手の出場枠を賭けたチーム内での戦いも厳しくなりそうである。エルサム選手のほかにも、今シーズンもワールド・レベルの選手の華麗なプレーを日本にいながらにして観ることができる。

サントリー・サンゴリアスには我らがワラビーズ代表のジョージ・スミス選手、南アフリカからダニー・ロッソウ選手とフーリー・デュプレア選手。ダニエル・ヒーナン選手の所属するパナソニック・ワイルドナイツには宿敵オールブラックスからソニー・ビル・ウイリアムズ選手の参戦が発表されている。

また、トップ・イーストの三菱重工相模原ダイナボアーズには08年IRB最優秀選手に輝いた元ウェールズ代表のシェーン・ウイリアムズ選手が加入した。華麗で、力強いランで日本のファンを魅了すること間違いなしだ。

トップリーグ12/13シーズンは、8月31日に開幕している。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る