国家技能委員会(NSC)/豪州ビジネスQ&A

豪州ビジネスQ&A 第5回
国家技能委員会(NSC)

Q: 移民やビザ認可のための「優先職業」決定のために、政府はどのような方法を使っているのでしょうか。

 政府は、オーストラリアの労働市場、現在と将来の総労働力に対する技術需要についての、専門家による助言提供のため、2020年7月に国家技能委員会(NSC=National Skills Commission)を設立しました。

 その国家技能委員会は、「優先技能リスト(Skills Priority List)」を通じて、初のオーストラリア全国の労働市場分析の評価を発表しました。

 同リストには、全国的な職業の現在の労働市場評価と将来の需要評価が提供されており、現在の労働市場評価においては、州及び準州レベルでの利用が可能です。

 各職業には、政府及び内務省が参考にすることを目的とした、今後5年間の職業の需要予測を示す、将来の需要を見越した指標(高/中低)が与えられます。

 更に、同リストは技能者不足を「大都市Metropolitan(M)」「地方 Regional(R)、または「不足なし No Shortages(NS)」に限定されるように、州あるいは準州に需要を分割します。

 このリストにはABS(オーストラリア統計局)労働力調査、ネット上の欠員指数、そして内務省(DHA)のテンポラリー・スキルド・ビザ認可数などの幅広いデータが組み込まれています。

 国家技能委員会は定期的に再検討し、内務省の「技能職業リスト」のアップデートのために情報を提供します。

 国家技能委員会の「優先技能リスト」は毎年更新され、政府機関や利害関係者の使用のために公開されます。

「優先技能リスト」上の詳細は、その詳細かつ徹底的なアプローチによって、「移住職業リスト」の開発を改善することを可能とし、また、「雇用主指名移民プログラム」にアクセスしたい雇用主には、重要な見通しを与えることが可能です。

 下記リンクより国家技能委員会の役割や、報告書の作成方法について詳細を確認できます。また、委員会が作成したオーストラリアの労働市場に関するレポートや、出版物についても詳しく書かれています(英文)。

■National Skills Commission
Web: www.nationalskillscommission.gov.au/about/about-national-skills-commission

このコラムの著者

エイドリアン・フェルトン:移民コンサルタント

エイドリアン・フェルトン:移民コンサルタント

認定移民代理人(MARN: 010580)。BD Welsh & Co.。20年以上にわたりグローバル企業や個人のクライアントに移民法やビザ申請関連についてアドバイスを提供。専門知識は雇用主指定ビザや就労ビザなど多岐にわたり、特に日系企業へのアドバイスを得意としている。AATでの代理経験も豊富

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る