ポイント制技術ビザ/豪州ビザ最新事情

豪州ビザ最新事情
ポイント制技術ビザ

 現在、コロナ禍による規制や政策により、審査が滞るビザもあれば、逆に短期間で審査されるビザもあるなどさまざまですが、このご時世が故にオーストラリア移住を考える人もいるようで、相変わらず関心が高いのはポイント制技術ビザです。

 ポイント制のビザとは、学歴、職歴、年齢、英語力など自身の経歴からポイント計算し、そのポイントにより申請を検討できるビザで、基本的にサブクラス189、190、491といったビザがあります。

189 Skilled Independent visa
技術独立ビザ

190 Skilled Nominated visa
州ノミネーション技術ビザ

491 Skilled Work Regional (Provisional) visa
地方技術就労ビザ(暫定)

 いずれの場合も一定以上のポイント(現在65)を証明できれば、まずはスキルセレクト(SkillSelect)を通じてEOI(Expression of Interest)という関心表明の申請を行います。

 これらのビザは招待されて初めてビザ申請が可能となるので、運とタイミングも成功要因の1つとなります。

 基本的に獲得ポイント順にランク付けされ、発行部数に応じて順に招待される仕組みとなっており、申請者が多いほど、競争率が高くなるということになります。

 なお、190、491ビザは、州・準州からのスポンサーを得ることとなり、ビザ申請上の条件とは別に、州・準州それぞれが設ける条件も満たす必要があります。

 NSW州の491ビザを例に挙げると、現在3つのストリームがあります。

ストリーム1:
NSW州指定の地方地域に住み、かつ、一定の条件で働いている

ストリーム2:
NSW州指定の地方地域にある学校を一定の条件で卒業している

ストリーム3:
NSW州の地方職種リストに含まれる職種でのスキル証明ができる

 コロナ禍の影響により、職種やEOIの受付自体が制限されるなどありますので、州・準州の規定を含め常に最新情報を確認し、いつでも申請できるように準備しておくと良いでしょう。

アドバイザー

清水 英樹

清水 英樹

QLD州弁護士、ビザ・移民法政府公認アドバイザー(MARN9900985)。「フェニックス法律事務所」筆頭弁護士所長の他、移民ビザ専門コンサルティング会社「GOオーストラリア・ビザ・コンサルタント」、交通事故、労災を専門に扱う「Injury & Accident Lawyers」を経営する

 CJM Lawyers  幌北学園 nichigowine  kidsphoto
日豪プレス 配布場所      日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る