シド ニーへの家族移住を真剣に考えています。

ビザ VISA
日豪プレス何でも相談

Q: 私は現在、東京で会社を経営していま す。東日本大震災や原発問題などにより、 日本に住むことにリスクを感じておりま す。幸いある程度の資産があるため、シド ニーへの家族移住を真剣に考えています。 投資家ビザがあると聞きましたが、どのよ うな流れで申請するのか教えてください。
(42歳男性=会社経営)

A: ご質問のビザは州・準州スポンサー付投資家ビザ(永住)と考えられます。東日本大震災後、日本の富裕層からこのような問い合わせが急増しております。このビザは通常の永住ビザと違い、州政府のスポンサーシップを獲得してからの申請になり、最終的な永住権が取れるまで約5年かかります。詳しい流れは以下の通りです。

1.NSW州政府との面接の申込みをする。

2.NSW州政府との面接:NSW州政府のオフィスで今後同州でどのようなビジネスをするか説明する(通常エージェントが同行する)。

3.NSW州政府との面接が合格の場合、1週間くらいで下記の関連書類などの要請が来る。
A. NSW州スポンサーシップのための 申請フォームA~D
B. 資産および会社関連証拠書類
C. BusinessCommitment(NSW州でのビジネス経営のプランおよびそのためのリサーチの報告などの証明)

4. すべての書類の提出後、約4~6週間ほどでNSW州政府スポンサーシップの合否の結果が出る。

5. NSW州政府スポンサーシップの合格を持ち、州スポンサー付・投資家ビザ(サブクラス165)の移民局申請提出が可能となる。

6. 州スポンサー付・投資家ビザ(サブクラス165)の移民局申請提出(現在移民局で上記ビザ申請審査に掛かる時間は、日本人の場合およそ11カ月くらい、中国国籍の場合15~20カ月掛かることもある)。

7. 州スポンサー付・投資家ビザ(サブクラス165)の移民局申請受理後、数カ月後、移民局で担当官が任命される。

8. 移民局担当官の申請審査が開始されると追加書類等の提出要請があり、その中には健康診断結果や無犯罪証明書がある。

*健康診断および無犯罪証明書の有効期限は発行日より1年間となり、健康診断受診および無犯罪証明書の申請のタイミングは、移民局でのビザ申請審査に掛かる時間が11カ月ということも考慮して、ビザの申請提出後数カ月後に手配が必要となる。

9. ビザ審査の最終段階に、移民局よりNSW州への投資要請が来る。

10. NSW州への投資の証明を移民局へ提出し、移民局担当官が確認後移民局よりビザの承認がされる。

11. ビザが承認されてから2年以上NSW州に在住するとサブクラス893の申請が行われ、さらに2年住むと永住権が発行される。

この申請はNSW州政府のスポンサーシップを取った場合の流れとなります。ほかの州の場合若干の差がありますのでこの点ご注意ください。 


日豪プレス何でも相談

山口 正人(やまぐち まさひと)
日本ブレーン・センター・オーストラリア

NSW大学オーストラリア経営大学院にてMBA(経営学修士号)を取 得。投資銀行を経て、シドニーで日系のビザ・コンサルティング会社、 (株)日本ブレーン・センター・オーストラリアを設立。著書に『オース トラリア・ビザ・ガイド』(アルク出版)など。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る