オーストラリアの市民権取得方法

ビザ VISA

日豪プレス何でも相談

 
Q 私は現在、永住権を取得して5年になります。日本にいる母親の具合が悪いので、近いうちに日本に帰り、長く介護することになりそうです。昨年から、永住者再入国ビザ申請基準が厳しくなったと聞いております。母親の介護が長くなると思っておりますので、友人からはオーストラリア市民権を取るように勧められています。オーストラリアの市民権取得の詳しい方法をお願い致します。
(40歳主婦=女性)

A: 質問者がご指摘の通り、2012年1月に永住者の再入国ビザ(サブクラス155)延長の基準がたいへん厳しくなりました。 今まで5年の再入国ビザ延長が認められていましたが、5年のうち2年以下の豪州での滞在の方は改正によって認められても最長で1年となりました。そのため、多くの人が永住ビザ延長を諦めることになりました。これが発端となり日本人の多くがオーストラリアの市民権取得を考えるようになりました。そのオーストラリア市民権取得手続きについてここで詳しく説明しましょう。申請には2通りの基準がありますのでご注意ください。
 

(1)60歳未満の人の市民権申請
●申請資格
1. 18歳以上60歳未満、
2. 永住権保持
3. オーストラリアのResidence Requirementを満たしていること
4. オーストラリアで今後も居住あるいは密着した関係を続けることが想定されること
5. 犯罪歴などがないこと
 

●Residence Requirement
1. オーストラリア国内に市民権申請直前から遡り4年、そのうち直近の12カ月を永住権保持者として居住していること
2. オーストラリアから過去4年間のうち1年以上の不在がないこと(直近の年に90日以上のオーストラリア不在がないことも含む)
 

●市民権テスト
1. 基本的英語力が求められる、
2. 基本的オーストラリアに関する知識が求められる、
3. テストは英語で行う
4. 20問の選択式問題
5. 合格点は75%以上
 

●市民権テストでの英語力について
 基本的な英語力に自信のない申請者には、移民局スタッフがついて補助をしてくれるが、その補助を受ける資格のためには400時間以上のAMEP(Adult Migrant English Program)のコース完了が必要。
 

●申請の流れ
1. 申請資格を満たす
2. Residence Requirementを満たす、
3. オーストラリア市民になることについて勉強する
4. 提出書類の準備
5. 提出フォーム作成
6. 最寄りの移民局市民権申請オフィスで申請提出
7. 移民局からの呼び出しにより、担当部署への出席(提出書類の原本すべてを持参)
8. 市民権テスト受検
9. 移民局からの結果通知(通常60日以内)
10. 市民権取得セレモニー出席
 
(2)60歳以上の方の市民権のご申請
●申請資格
1. 60歳以上
2. 永住権保持
3. オーストラリアのResidence Requirementを満たしていること
4. オーストラリアで今後も居住あるいは密着した関係を続けることが想定されること
 

●Residence Requirement
1. オーストラリア国内に市民権申請直前から遡り4年、そのうち直近の12カ月を永住権保持者として居住していること
2. オーストラリアから過去4年間のうち1年以上の不在のないこと(直近の年に90日以上のオーストラリア不在がないことも含む)
 

●市民権テスト
 60歳以上の申請者にはテスト受検の必要はありません。
 

●市民権インタビュー
1. 通訳の移民局による手配可(有料)
2. 英語のできる家族あるいは友人の同行可
 

●申請の流れ
 60歳未満と同じ。

永住権の延長は年々難しくなっております。市民権申請を検討することを強くお勧めします。

 


 

日豪プレス何でも相談

 
山口 正人(やまぐち まさひと)
日本ブレーン・センター・オーストラリア

NSW大学オーストラリア経営大学院にてMBA(経営学修士号)を取得。投資銀行を経て、シドニーで日系のビザ・コンサルティング会社、(株)日本ブレーン・センター・オーストラリアを設立。著書に『オーストラリア・ビザ・ガイド』(アルク出版)など。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る