オーストラリアの大学卒業後の仕事ができるビザ

Q 今年2月より、オーストラリアの大学で2年のマスター・コースの受講を始めました。卒業後、仕事ができる卒業生ビザを申請したいのですが、どういった条件がありますか?
(27歳学生=女性)

 

A 卒業生ビザは、現在2種類あります。条件によって適した方を選んで申請する必要があります。まず共通する条件は以下の通りです。

 

●申請できる学生ビザを保持している、または申請からさかのぼって6カ月以内に、申請できる学生ビザを保持していた(基本的に572、573、574のビザ─例外などもあるため要チェック)
●50歳未満
●オーストラリアに在住
●IELTS6以上のスコアを取得
●申請からさかのぼって、過去6カ月以内に、2年間のオーストラリアでの勉強条件を満たしていること
●健康で、犯罪歴などがないこと
●健康保険をアレンジすること
●オーストラリアの警察証明を申請ずみであること
●健康診断を予約してあること

次に、各ストリームに沿って説明します。

旧卒業生ビザ(Graduate Work Stream)

これは、以前からあるタイプの卒業生ビザとなります。主な条件は以下になります。

 

●オーストラリアでの2年間の勉強条件を満たしていること
●申請職業を、SOL(Skilled Occupation List)より選択
●上記職に、2年の勉強が密接に関連していること
●上記職の技術査定が必要

上記の2年間のオーストラリアでの勉強の条件は以下になります。

 

●バチェラーかそれ以上の資格、ディプロマ、アドバンスト・ディプロマ、トレード・クオリフィケーションを修了していること
●申請職業に密接に関連している勉強であること
●英語で授業が行われたこと
●少なくとも、92週以上で登録してあるコースであること
●16カ月以上かけて修了したこと
●オーストラリアで修了したこと

新卒業生ビザ(Post Study Work Stream)

このビザは、認可後、2〜4年の就労が可能なビザが出ます。このビザの主な条件は以下になります。

 

●初めての学生ビザが、2011年11月5日以降に申請されたものであること
●バチェラー以上の学位を修了すること
●オーストラリアでの2年間の勉強条件を満たしていること

このビザでのオーストラリアの2年間の勉強条件は、以下のように旧卒業生ビザとは少し違います。旧卒業生ビザは、ディプロマ以上であればOKですが、このビザの場合は必ず大学レベル以上となります。

 

●申請職業をSOLより選ばなくていい
●技術査定が不要

自身の状況によりどちらのビザを申請できるかが変わってきますが、特に大きなポイントは、11年11月5日以降に初めての学生ビザを申請したかどうかということです。自身の状況をよく把握し、正しい卒業生ビザを申請しましょう。

上記は一般的な案内となりますので、それぞれの事情に合わせたアドバイスは、専門家に相談されることをお勧めします。


西尾 彩子(にしお あやこ)
Australian Visanet

UTS並びにSydney大学卒。教育、流通、航空業界での経験を経て、永住権取得後、移民エージェントとなる。豊富な社会経験を生かした確実・丁寧なコンサルタントに定評がある

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る