検索
Close this search box.
検索
Close this search box.

クロスフィット・セミナーで大阪へ(前編)/ASAMIの“Fitness Life”

SHARE
Vol.26 クロスフィット・コーチになるには!?

 こんにちは。フィットネス・トレーナーのASAMIです。最近、ワーキング・ホリデーでオーストラリアに渡航することを考えている人や留学中の人から連絡を頂くことが増え、大変ありがたいのですが、1ずつ細かく対応ができていないので、改めて対応する機会を設けたいと思っています。今回は、たくさん質問を頂く「クロスフィット・コーチになるために、学校に行く必要や資格はありますか?」という内容に加え、クロスフィットのセミナーで訪れた大阪での滞在先をご紹介します。

 クロスフィット・コーチに限らず、どんな仕事でも勉強は必須だと思いますが、特にお客様をより動けるフィットネスな心と体にしていく手伝いやアスリートを育成するクロスフィット・コーチは、体や食事のことだけでなく、正しい動作に導くためのコーチング方法など、勉強だけでなく経験も必要です。

 そのために私たちが学んでいるのが「CrossFit.com(米国のクロスフィット本部)」が提供している「CrossFit Level1講習」。この講習では、クロスフィットの定義やフィットネスの定義、9つの基礎的動作の指導方法、栄養などを学ぶことができ、コーチに限らずクロスフィットの知識を深めたいという人のために、世界中で行われています。

 私は、約5年前に東京で講習を受けLevel1資格を習得しました。Level2を受ける場合にはLevel1を修了している必要があり、Level3やLevel4も用意されていますが、受講するためには前レベルの過程を修了している必要があります。

 Level2では本格的なトレーナーとしての能力やプログラミングの設計、グループ・トレーニングのためのクラス・マネジメントなど、より奥深くクロスフィットを学ぶことができます。

 私は4月に大阪の「CrossFit Nakamozu」で行われたLevel2セミナーに参加し、テストを受け、資格を取得しました。

セミナーと合わせて大阪旅行「OMO関西空港 by 星野リゾート」へ

 私は、フィットネスのセミナーや大会、イベントが遠方である時は、その土地の魅力も一緒に楽しみながら運動もする「フィットネス・ツーリズム」を取り入れています。

 今回、羽田空港から関西国際空港行きの飛行機で約50分の空の旅を経て、まず訪れたのが「OMO関西空港 by 星野リゾート」。空港の隣駅の「りんくうタウン駅」直結の空チカホテルです。空港近辺のホテルはアクセス重視の寝るためだけの場所と捉えられることが多い中、エアポート・ホテルに対する従来の期待を越えて、充実したワクワク時間を過ごせる場所です。

 2階のOMOベース(エントランス・スペース)では、飛行機のエンジンをモチーフにした照明や飛行機のオブジェが出迎えてくれ、関西空港のフライト情報が表示されるモニターもあり、利便性も抜群。飛行機の窓や座席をイメージした内装のOMOベース1階(ラウンジ)では広々としたワークスペースもあり、ワ―ケ―ションにも最適です。

 空と雲がテーマの開放感抜群のダイニングは関西国際空港を見渡しながら、夕暮れ時は最高のサンセットと共に乾杯。大阪を堪能できるライブキッチンではお好み焼きの上にどて焼きや串カツをのせて、大阪グルメを組み合わせて楽しめます。

 旅の疲れを癒す大浴場には電気風呂や炭酸風呂、半露天風呂、サウナなどがあり、充実していました。翌朝は空チカ体操からスタート!最上階の22階のルーフトップ・テラスで朝日を浴びながら体操することで気持ち良い1日の始まりを過ごしてから、ダイニングで朝ごはんを食べてセミナーに向かいました。

なにわラグジュアリーを体感できる「OMO7大阪 by 星野リゾート」

 セミナーの2日目は、にぎやかな大阪の街ナカにある「OMO7大阪 by 星野リゾート」へ。約7600㎡の広大なガーデン・エリアで思い思いの時間をワクワクしながら過ごせるホテルです。こちらも、ご近所マップとOMOベースがお出迎えしてくれ、広々スペースにはダイニングやカフェ・ライブラリーもあり、どこで過ごそうか迷ってしまうほどの充実さでした。

 客室は大阪の街を一望できる「コーナーツインルーム」に宿泊し、大阪のネオンを浴びながら、通天閣の照明が消える瞬間など、新たな大阪の魅力を発見できました。井戸端会議をイメージした「いどばたスイート」でのグループ泊も楽しそうです。

 ディナーは大阪の食文化にアレンジを加えた、ジャパニーズ・フレンチ料理の「Naniwa Neo Classic」コース。目で見て、味わって大阪を存分に堪能しました。

 ガーデン・エリアではネオン・アートや季節ごとの催しが楽しめ、私が宿泊した日は、大阪のクラフト・ビールやたこ焼き発祥の会津屋の屋台が出ていました。大阪の知られざる話しを聞ける講座なども行われていて、ホテルから出たくないイベントが盛りだくさん。

 天窓が特徴的な大浴場の「湯屋」は大阪のお風呂文化がイメージされていて、湯上りには関西で人気のアイスキャンディーが楽しめます。

 朝は「ええだし出てますわツアー」に参加し、OMOレンジャーと一緒に街歩きをし「大阪木津卸売市場」で働く人たちに話しを伺いながら、出汁や食、商売にまつわるディープな大阪話を聞くことができ、笑いの絶えないツアーでした。

テンションが上がる「街ナカ」ホテル「OMO(おも) by 星野リゾート」

  日本全国はもちろん、海外でもその土地の魅力を楽しめるホテルや旅館を展開し、上質なおもてなしを提供するホテル運営会社の「星野リゾート」ですが、その中でも「OMO by 星野リゾート」は街をこよなく愛するスタッフが地域の方々と仕掛ける、新感覚のホテルです。「テンションがあがる『街ナカ』ホテル」をコンセプトに全国16施設で展開中だそう。スタッフが提案する街の楽しみ方や、ホテルの中で過ごすだけで街の空気が感じられる演出があちこちに散りばめられており、OMOで過ごすとその街まるごと好きになる、そんな宿泊体験を提供してくれる場所です。

OMOの魅力
・街歩きやご近所マップなど、その街を楽しむためのコンテンツが溢れている
・都市型の街ナカ・ステイと機能性が合わさった快適な客室や秘密基地のようなワクワクするコンセプト・ルームが各施設でそれぞれ違いも楽しめる
客室外でも24時間解放されている「OMOベース」で、仕事もしやすく、ワ―ケ―ションなどそれぞれの旅の計画が立てやすい
・セルフ・サービスが充実していて、スムーズなチェックイン・アウトの他、お買い物もセルフでできる店舗もあるので、気楽な旅にもピッタリ

など、魅力たっぷりの「OMO by 星野リゾート」。私は今回クロスフィット・セミナーに合わせて「OMO関西空港」「OMO7大阪」を訪れ、大阪の街ごと魅力を堪能しました。次回は引き続き、大阪の旅第2弾をお届けします。 ぜひ、皆様の大阪滞在の計画に役立ててくださいね。

OMO関西空港 by 星野リゾート

住所:〒598-0048大阪府泉佐野市りんくう往来北1-833
Webhttps://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omokansaiairport/

OMO7大阪 by 星野リゾート

住所: 〒556-0003大阪市浪速区恵美須西3-16-30
Webhttps://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo7osaka/

ASAMI Profile

ASAMI
フットネス(クロスフィット)トレーナー

フィットネス(クロスフィット)トレーナー。オーストラリアでクロスフィットに出合い、しっかりと筋肉を付けた動ける体作り、強くてポジティブな幅広い世代の女性たちや世界観に魅了され、日本でもっとたくさんの人にクロスフィットを伝え、フィットネス習慣を付けてもらいたいと思いトレーナーに転身。現在、関東のクロスフィットBOXを中心にトレーナーとして活動中。「WELEDA」のアンバサダーも務める。





SHARE
健康・美容の最新記事
関連記事一覧
Google Adsense