日豪で活躍する女性起業家2022/GIM Capital Professional 鶴 美枝さん

SHARE

PR

 近年、ビジネス・シーンでグローバルに活躍する女性たちが増えている。本特集では、主にオーストラリア及び日本を舞台に働く女性4人に、これまでのキャリアや現在に至るまでの歩み、仕事やプライベート、活動に捧げる情熱や今後の展望などについて話を伺った。

挑戦することの大切さと、
信頼されることのありがたさを実感

GIM Capital Professional Pty. Ltd
鶴 美枝さん

多くの顧客から厚い信頼を集め、長期にわたり豪州不動産投資におけるアドバイス及び販売を手がける「GIM Capital Professional Pty. Ltd」。代表・鶴美枝さんに、前職の経験をどのように生かしてきたか、起業時と現在で変化したこと、普段あまり聞くことのないオフの日の過ごし方などについて伺った。

PROFILE

鶴 美枝さん

ツル・ミエ
日本では法学部大学院で法学修士号を取得。大手住宅設備企業で役員秘書に従事し、その後来豪。シドニーの大学で国際商法を学び法学修士号を取得して二重修士に。現地の弁護士事務所に勤務中、日本政府から法律調査依頼を受けたことを機に独立。2010年に不動産会社「GIM」を設立。創業より日豪両国で不動産セミナーを行うなど事業を展開している。

――日本では、不動産業は強固な年配の男性の仕事というイメージが強いようですが、どう感じられますか。

 日豪間で不動産業に対する意識の違いがあると思います。時々「女だてらに」とか、過去に「男社会の不動産業で起業した」と言われたことがありましたが、「暮らし」に対してのセンスや「住み心地」に関するこだわりなど、女性はその機微に敏感ではないでしょうか。例えばリビングに入る風や光、キッチンの間取りや使い勝手、インテリアの色・材質など女性らしい感性が生かせる仕事だと思います。

銀行や大手デベロッパーとの交渉など大規模な商談もありますが、女性だから不利だとは思いません。むしろ、きめ細かなことに気を配りミスや過ちを防ぐ危機管理に対し、女性的な要素も重要な気がします。慎重さはむしろ戦力となり得ると感じます。

私は以前、住宅設備機器の会社の常務取締役や筆頭専務の秘書業務に従事していたことがあり、今もその頃の気持ちは忘れていないつもりです。顧客には秘書のような気持ちで寄り添い、ご要望に対しての任務を達成するという認識が残っています。一切のミスもしないよう細心の注意を払い、大きな事業のサポートを陰で支えるのは今も変わりありません。

特に不動産は安価な買い物ではなく、顧客の皆様の人生を左右する大事な選択を支えるため、以前の重責を負った仕事が役に立っていると感じます。また、弁護士事務所での勤務経験もあり、法務の知識も現在の職務に生かされているので、そういった異職種で役に立つ経験があることは強みです。

――前職の経験を生かし、今後異業種での活躍を目指す方々へのアドバイスはありますか。

 私は、これまで携わったどの仕事にも無駄はなかったと実感しています。当時は自分には向いていないのではないか、タスクが大き過ぎて重荷と感じることもありましたが、責任を持って仕事をしているうちに自分のスキルと見識が広がる元になったと言えます。また、目の前で繰り広げられる海外工場建設などの大プロジェクトを垣間見ることができたのは貴重な経験でした。挑戦することの大切さと、信頼されることのありがたさを感じました。

もしアドバイスができるとすれば、もちろん未体験なことに対しての不安はあると思いますが、何事にも真摯に向き合うことで自分のキャパシティーが広がることを心に留めておくことでしょうか。豪州という異文化の中や、これまでとは違う業種でも自分にチャンスを与える機会だと思って積極的に学び、新しいエリアに飛び込むのも良いのではないかと思います。

――物事の考え方やライフスタイルなど、起業した当時と現在で変化したことはありますか。

 「暮らし」に対しての興味がどんどん深まりました。もっと分析して投資家やマイホームを探す方々の役に立ちたいと真剣に業務に取り組むうちに、日中の面談や商談以外に、夜間も自主的に研究・調査に取り組んでいます。「本当に仕事人間だな」と自分で笑ってしまうことも。日本だと働きアリのように残業や激務に励んでしまうだろうと、来豪したつもりが、自ら日本にいた時以上に働いています。今年はスタッフも増えるので、働き方改革にも取り組みます。

自宅では愛猫のタビーとゆっくり過ごす
自宅では愛猫のタビーとゆっくり過ごす

――オフの日はどのように過ごしていますか。

 海に近いエリアに住んでいるため近所を散歩するなど、休日はゆっくりします。すてきなカフェやマリーナに寄るのも楽しみの1つです。基本的に家が好きですね。愛猫のタビーは、夏場でもそばに寄り添って一緒に寝てくれて、とても可愛いです。ガーデニングも好きで、祖父の趣味だった盆栽の代わりに多肉系植物や色鮮やかな花が咲く草木を育てています。春先に、花壇にパンジーなどを植えておくと、外出や帰宅時に「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と言ってくれているような錯覚も。日々すくすく伸び行く姿に癒されます。

オフの日は、ガーデニングや近所の海辺を散歩
オフの日は、ガーデニングや近所の海辺を散歩

――これから起業する女性や海外での活躍を目指す方々にメッセージをお願いします。

 私は「男性だから」「女性だから」と男女が対立するのではなく、両方の性がお互いを尊敬し合い、特徴を認め合うことでより良い世の中になっていくと考えています。皆様が自身の資質を伸ばす仕事を見つけ、生き生きと暮らしていかれると良いと思います。また、豪州の不動産の有利上など、もっと多くの人にご理解頂けたらうれしいです。活躍の場を求めている方がいらっしゃれば、門戸は開いていますので、ぜひお声掛けください。

GIM Capital Professional Pty Ltd

GIM Capital Professional Pty Ltd

●住所:313/3 Spr ing St., Sydney NSW 2000
●Tel: 0421-458-081
●Web: www.gimanagement.com.au
●Email: info@gimanagement.com.au

SHARE
Google Adsense