491ビザ─QLD地方地域の小事業主パスウェイ/豪州ビザ最新事情

SHARE

豪州ビザ最新事情
491ビザ─QLD地方地域の小事業主パスウェイ

 サブクラス491ビザは州・準州地方地域のポイント制技術(暫定)ビザですが、QLD州には“491Small business owners in regional Queensland”というパスウェイがあります。申請の条件は以下の通りです。

491ビザ申請の条件を満たしていること
・ ポイント・テストで65ポイント以上の証明ができること
・ 指定の職種におけるスキル・アセスメントに合格していること
・ 最低限の英語力(IELTS6.0)を証明できること
・45歳以下であること
QLD州政府の定める以下の条件を満たしていること
・ 移民局指定の職種リストに該当し得る職種が含まれていること
・ フルタイム(週35時間以上)でビジネスを運営するための就労可能なビザを保持していること
・ QLD州指定の地方地域に所在する既存のビジネスを購入していること
・ 最低10万豪ドルでビジネスを購入していること、または
・ 起業後、最低2年のビジネス運営ができていて、かつ、申請前12カ月の売上が20万豪ドル以上であること
・ ビジネスの保有100%であること
・ 申請前の6カ月間、実際にビジネスの運営をしていること(売り手への支払いを完済後から6カ月)
・ オーストラリア国籍または永住者を週20時間以上で1人、または、週10時間以上で2人雇用していること
・規定以上の資金証明ができること

 購入するビジネスは自宅兼であってはならず、その所在地で最低2年間、実際に運営されているビジネスの購入でなければいけません。フランチャイズの購入でも良しとされていますが、サブリースによる購入は認めないとされています。

 ポイント・テスト、英語力、スキル・アセスメントなど幾つか越えなければいけないハードルがありますが、恐らく就労可能なビザを確保できるかどうかという点がネックになりそうです。

 このビザは現在QLD州限定となっており、他州では適応されません。そして、QLD州政府における審査基準も非常に流動的であり、変更も多いため申請前にその時点での条件を確認する必要があるので注意しましょう。

アドバイザー

清水 英樹

清水 英樹

オーストラリアQLD州弁護士。在豪30年以上。地元大学卒業後、弁護士資格を取得。フェニックス・グループCEOとして傘下にあたる「フェニックス法律事務所」、ビザ移民コンサルティング「Goオーストラリア・ビザ・コンサルタント」、交通事故ならびに労災を専門に扱う「Injury & Accident Lawyers」を経営。

SHARE
Google Adsense