夏の着物コーディネートで意識したいのは「軽さ」─オーストラリア、きもの日和

SHARE

Styling vintage kimono in Melbourne

初夏のクリスマス着物スタイル─きもの日和

初夏のクリスマスの街にポップな着物姿でお出掛け

Wardrobe: Kazari + Ziguzagu (W: kazari.com.au)
Stylist: Sala Okabe(W: salaokabe.com
Photographer: Rina Kakioka(W: rinasmilephotography.com
Model: Akane Instagram: @qqq_akane

 着物、と言えば大半は裏地が付いた袷あわせと呼ばれる物で、それらは春、冬、秋の3シーズンと着る時期が一番長いのですが、だんだんと夏に近づくころにお薦めなのが単ひとえ衣と呼ばれる裏地が付いていない着物です。

 裏地がなくなって生地が薄くなる分涼しくなり、裾さばきも軽やかになります。単衣の着物は初夏と初秋に着るのがお薦めですが、近年の気温の変化により、徐々に着る期間が長くなって来ているような気がします。

 夏の着物コーディネートで意識したいのは「軽さ」。色や小物はなるべく暑苦しいイメージの物は使用せず、爽やかな物を使うのがポイントです。

 今回紹介するのは、白地にモダンな赤と緑の葉の模様が散りばめられたまさにクリスマスに打って付けの単衣の小紋。帯には芯がないターコイズ・ブルーのソフトな帯生地をへこ帯の様にふわふわと結び、全体的に軽さを意識。夏鳥であるツバメの帯留めをアクセントに使用し、トータルで南半球ならではの初夏のクリスマスにぴったりなコーディネートに仕上げました。

 メイクやヘアは、和装だからしとやかなものにしなければならないわけではなく、今回のような元気な着物スタイルの時にはポップかつ華やかに仕上げてみるのも良いですね。年末になりクリスマス・パーティーやお呼ばれが多くなるこの時期、爽やかな単衣の着物でお出掛けなんていかがでしょうか?

Columnist

Sala Okabe
着物の着付け、スタイリング、着物レンタル及び販売をする着物スタイリスト。インスタグラムなどで新しい着物スタイルの提案や海外で着物を楽しむアイデアを紹介している。Instagram: @kimono_salaokab



SHARE
Google Adsense