夏休みの過ごし方と新年度準備

SHARE

Q:子どもが来年からキンディーに入るのですが、長い夏休み明けに学校開始になるのが不安です。新しく始まる学校に向けてどのような準備をしたら良いでしょうか?

 毎年年度末に同じ質問を頂くので、今回は夏休みの過ごし方も合わせてお伝えします。

毎日のルーティン作り

 日本と違って一番長い休みの後に新年度を迎えるので、特に幼稚園開始、新小学生のお子さんをお持ちの人は、休みの間に学校が始まった時を想定したルーティンを習慣付けておくことをお勧めします。

 特に朝起きてからの習慣は、年齢が小さいお子さんほど大切になります。学校生活そのものも新しいことばかりの上、学校が始まってから毎朝のルーティンも始めるのは、負担が大き過ぎます。

 夏休みをゆっくり過ごしたいとは思いますが、新しい習慣作りをする良いチャンスです。できれば、散歩がてら学校まで歩いて通学路に慣れておくのも良いでしょう。新ハイスクール生がいる場合は、通学路の交通機関と学校までの時間を確認しておきましょう。

 また、学校が始まってから宿題や課題をこなしていけるように毎日15分でも良いので座って何かに取り組む習慣を付けておくと良いと思います。自分の部屋にこもらなくてもリビングで十分です。保護者の方々も一緒に座って何かをしたり、近くで見守ってあげたりしてください。

友達作り、情報収集

 同じ学校や幼稚園、できれば同じクラスに行く友達がいたら、休み中に家族同士仲良くなっておくと良いでしょう。学校に顔見知りがいるのといないのでは大きく違います。

 また、保護者も先輩保護者からいろいろ学校情報を集めておくと余裕を持ってお子さんに接することができます。

身の回りのことを自分でする習慣

 持ち物のチェックや出し入れ、トイレや手洗い、ランチなどなるべく自分でするように家でもやってみましょう。また、「トイレに行きたい」「○○をしたい」など言葉で意思表示をするようにしておくと役に立ちます。

普段できないことに挑戦してみる

 キャンプやクッキング、マリン・スポーツなど、普段の生活ではできないことに挑戦してみましょう。お子さんの新しい「好き」や「得意」を発見するきっかけになるかもしれません。

■NSW州学校準備チェック・リスト

Getting ready for primary school (nsw.gov.au)

■QLD州学校準備資料

Transition to school Supporting your child’s transition to school (education.qld.gov.au)

■VIC州学校準備資料

English-information-sheet-transition-to-school.pdf (education.vic.gov.au)

回答者

内野 尚子

在豪26年。デイケア、プリスクールAuthorizedSupervisor、補習校の教師兼代表を経て2007年UniversalKIDS設立。19年よりオンラインで保護者や教師向けのバイリンガル教育や子育てアドバイスも行なっている。
Web: universalkids.com.au

SHARE
Google Adsense