検索
Close this search box.
検索
Close this search box.

オーストラリア景気後退の確率は平均38% 利上げの副作用で冷え込む消費、景気先行きに暗雲

SHARE

今年12月にリセッション開始?

 豪準備銀(RBA)は4日の会合で政策金利を据え置いたものの、これまでの急激な利上げはオーストラリアの国民生活に副作用をもたらしている。折からのインフレによる生活コストの高騰に加え、利上げで金利変動型住宅ローンの返済額が増えるなど、家計の財布を直撃。住宅ローン債務者の割合はオーストラリアの全世帯のおよそ3分の1を占めるとされるため、利上げによる消費や景気へのインパクトは大きい。

 消費者マインド調査や金融機関のクレジット・カード決済のデータなどによると、既に消費は冷え込みつつある。経済成長をけん引する個人消費の落ち込みは景気にブレーキをかける。RBAの予測によると22年10〜12月に前年同期比2.7%だった実質国内総生産(GDP)成長率は、23年4〜6月期に1.75%、10〜12月に1.25%まで落ち込む見通しだ。

 このため、エコノミストの間では、オーストラリア経済が今後、リセッション(景気後退=2四半期連続のマイナス成長)に陥るとの観測も浮上している。

 オーストラリアの独立系非営利メディア「カンバセーション」が、国内の主要エコノミスト27人に景気予測を尋ねたアンケート結果(7月2日公開)によると、今後2年以内にオーストラリアがリセッション入りする確率は平均38%、リセッションが始まる時期の平均は23年12月だった。

■ソース

Two more RBA rate hikes, tumbling inflation, and a high chance of recession: how our forecasting panel sees 2023-24(Conversation)





SHARE
経済 / ビジネスの最新記事
関連記事一覧
Google Adsense