検索
Close this search box.

動機は痴情のもつれか? シドニー名門校の女性コーチ殺人事件 自殺の名所で男性の遺体発見

SHARE

行方が分からない重要参考人の可能性

自殺の名所としても悪名高いシドニー東郊の観光名所「ザ・ギャップ」。州警察は27日、崖の下から身元不明の男性の遺体を引き上げた(Photo: Wikipedia)

 オーストラリア東部シドニー屈指の名門校「セント・アンドリューズ・キャセドラル・スクール」にある体育館のトイレで25日深夜、ウォーター・ポロ(水球)の女性コーチを務めていたリリー・ジェームズさん(21)の他殺体が発見された事件。同僚でスポーツ助手のポール・ザイセンさん(24)の行方を追っていたニューサウスウェールズ州警察は27日、シドニー東郊で身元不明の男性の遺体を発見したと発表した。

 メディア大手「ニューズ・コーポレーション」のニュースサイトによると、同日夜の時点で、警察は遺体がザイセンさんのものかどうかを明らかにしていない。男性の遺体は27日朝、東郊ワトソンズ・ベイの外洋に面した断崖絶壁「ザ・ギャップ」の下で見つかり、後に引き上げられた。ザ・ギャップはシドニー観光の定番コースだが、自殺の名所としても知られている。警察は26日からヘリや船舶で付近の海域を捜索していた。





 ニューズによると、ジェームズさんはザイセンさんと約5週間の短い交際関係にあり、最近別れていたという。ザイセンさんはジェームズさんの死亡から約4時間後の25日深夜、ザ・ギャップから電話で警察に自ら通報していたとされる。現場に駆け付けた警官が、ハンマーのようなもので頭部をめった打ちにされたジェームズさんの遺体を発見したと見られる。

 事件後のザイセンさんの足取りも徐々に明らかになっている。ニューズ系のタブロイド紙「デイリー・テレグラフ」が公表した監視カメラ映像には、ザイセンさんと見られる人物が25日午後9時すぎにボークルーズの路上で銀色のレクサスから降り、ゴミ箱に向かっているところが写っている。同紙によると、警察はザイセンさんが犯行に使用したハンマーを捨てた疑いがあると見ているという。

 現時点で断定はできないが、ザイセンさんが痴情のもつれからジェームズさんを妬み、校内で殴殺した後、自らも海に身を投げた可能性がありそうだ。

■ソース

Chilling CCTV shows alleged killer’s final hours(news.com.au)





SHARE
社会 / 時事の最新記事
関連記事一覧
Google Adsense