日本代表・森保監督、オーストラリア在住サポーターに感謝

SHARE

森保監督、オーストラリア在住サポーターに謝意
日本代表、シドニーでワールドカップ出場を決める

サポーターとの写真撮影に応じる森保監督(撮影:馬場一哉)
サポーターとの写真撮影に応じる森保監督(撮影:馬場一哉)

 サッカー日本代表は24日、2022年カタール・ワールドカップアジア最終予選、オーストラリア戦に2-0で勝利し、7大会連続7度目のワールドカップ出場を決めた。

 スタジアムには開催地、シドニーの在豪日本人をはじめ、多くの日本代表サポーターが訪れ、声援を送った。

 コロナ禍により、ファンとの交流の場は設けられなかったが、試合後、選手らはサポーターの前で「突破」のタオルを手に謝意を伝えた。森保一監督はその後もサポーター席の前に残り、感謝の意を伝えると共に可能な範囲での写真撮影に応じた。

「突破」のタオルを手にサポーターに感謝を伝える選手たち(撮影:馬場一哉)
「突破」のタオルを手にサポーターに感謝を伝える選手たち(撮影:馬場一哉)

タオルを振り、サポーターを鼓舞する吉田麻也選手(撮影:馬場一哉)
タオルを振り、サポーターを鼓舞する吉田麻也選手(撮影:馬場一哉)

後半終了近くに先制点を取った三苫薫選手のシュートシーン(撮影:馬場一哉)
後半終了近くに先制点を取った三苫薫選手のシュートシーン(撮影:馬場一哉)

日本人サポーター特別席で観戦を楽しんだシドニー在住日本人応援団(提供:堀本育哉)
日本人サポーター特別席で観戦を楽しんだシドニー在住日本人応援団(提供:堀本育哉)

SHARE
Google Adsense