ATAGI、健康的リスクの高いグループに4回目の接種奨励

SHARE

基礎疾患、免疫不全、高齢などの人口に向けて

 3月25日付ABC放送(電子版)は、豪州予防接種技術諮問グループ(ATAGI)がコロナウイルス感染で健康的影響の大きいバルネラブルな人口に向けて、2回目のブースター接種、合計4回目のワクチン接種を推奨している。

 このブースター接種は、基礎疾患、免疫不全、高齢などの原因でコロナウイルスに感染した場合に重症になりやすい人々を対象としている。前回ブースター接種から4か月以上経過した人に冬のインフルエンザ・シーズンに先立って4月4日(月曜日)より実施されるもので、前回ブースターの免疫効果が低下してくるのにあわせて再度強化することができる。

 グレッグ・ハント連邦保健相は、「連邦ワクチン諮問専門家グループのATAGIが、65歳以上及び免疫不全のある人のみを対象に追加のワクチン接種を勧告しており、それに応えた。オーストラリア先住民族の場合には年齢は50歳以上に引き下げられる。その他、高齢者介護施設などの入居者も接種奨励の対象になっている。

 4月4日以降は、薬局、GP、州、連邦の運営するクリニック、先住民族医療クリニックなどで接種を受けることができる。また、予約も受け付けている。

 ハント大臣は、「インフルエンザの予防接種も4月4日から始められる」と語っている。

 先に保健当局が、「過去2年間、パンデミックの社会規制でインフルエンザや普通カゼなどの感染症も患者発生が極端に抑えられていた。しかし、規制が緩和されてきたことから再びインフルエンザ・ウイルスが感染しやすい社会条件になっており、2年間の空白で人口一般の免疫も低下していることが考えられるため、この冬にはインフルエンザが猛威を振るうのではないかとも予想されている。

 ハント大臣は、「2回目のブースターを健康バルネラブルな人々に限定したのはATAGIの勧告に基づくものであり、国内のワクチン在庫などを考慮したものではない」と語っている。
■ソース
ATAGI recommends fourth COVID-19 vaccine dose for vulnerable groups in lead-up to winter flu season

SHARE
Google Adsense