検索
Close this search box.

ロボットが働くオーストラリア最大の物流センター建設へ アマゾンがメルボルン北郊に

SHARE

床面積20万平米、4階建て 最大2,500万個の商品取り扱う

オーストラリア国内の倉庫で最大となるアマゾンのロボット物流センターの完成予想図(Photo: LOGOS)

 ネット通販大手アマゾン・オーストラリアが、メルボルン北郊のクレイギーバーンに総床面積20万9,000平方メートル、4階建ての巨大な自動物流センターを建設する。企業ニュース・サイト「ビジネス・ニュース・オーストラリア」が報じている。

 これによると、2017年にオーストラリアに進出したアマゾンが同国内に自動物流センターを建設するのは2カ所目。シドニーに2022年に完成した9,000平方メートルの既存施設を規模で大幅に上回り、国内の倉庫としても最大になるという。





 スーパーアニュエーション(確定拠出年金)運用大手の「オーストラリアンスーパー」が所有する敷地内に、物流不動産大手「ロゴス」が開発し、2025年の竣工を目指す。

 稼働開始時には、オーストラリア通販サイトで販売する商品を最大2,500万個取り扱うことができるという。同社の他の自動物流センターと同様、商品の仕分けなど主な作業はすべてロボットが行う。働く人員の数は分かっていないが、建設工事の過程では約2,000人の雇用が創出されるとしている。

■ソース

Amazon starts construction on giant robotics warehouse in Melbourne(Business News Australia)





SHARE
経済 / ビジネスの最新記事
関連記事一覧
Google Adsense