検索
Close this search box.

イスラエルへ臨時チャーター便 オーストラリア政府、自国民退避させる

SHARE

13日にテルアビブからロンドンへ2便

 オーストラリアのアンソニー・アルバニージー首相は11日午後、パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配する武装勢力ハマスによる大規模攻撃で情勢が悪化しているイスラエルから自国民を退避させるため、航空機を手配したと発表した。

 まず13日にテルアビブのベン・グリオン国際空港発ロンドン行きの臨時チャーター便を2機飛ばす。その後の追加便も検討する。

 アルバニージー首相は会見で「民間機で出国の計画を立てられないオーストラリア国民のために、政府が支援する航空便を金曜日から飛ばす。機材を提供してくれたカンタス航空に感謝する」と述べた。

 公共放送ABC(電子版)によると、現時点で約1万人のオーストラリア国民がイスラエル国内に滞在しているとされる。今後、情勢の悪化に伴って民間機が欠航となる事態に備え、臨時チャーター便の運航を航空会社に打診していた。

 オーストラリア国籍を持ち、イスラエル滞在中で政府の臨時チャーター便への搭乗を希望する人は、電話で下記に登録する必要がある。

Consular Emergency Centre(24時間)

+61-2-6261-3305(オーストラリア国外から)

1300-555-135(オーストラリア国内から)

■ソース

PM announces evacuation flights for Australians in Israel(ABC News)

SHARE
社会 / 時事の最新記事
関連記事一覧
Google Adsense