検索
Close this search box.

パートナーから暴力や虐待、成人の5人に1人が経験 オーストラリア統計局

SHARE

お金に困っている人ほど多い

 オーストラリア統計局(ABS)が22日発表した調査結果(2021/22年度)によると、これまでにパートナーから「暴力」や「感情的な虐待」、「経済的な虐待」を受けた経験のある人は推定約420万人と成人人口の21%を占めた。この割合は女性27%、男性15%と、女性の被害者が大幅に多い。

 女性でパートナーから暴力を受けた人の割合は17%、感情的な虐待は23%、経済的な虐待は16%だった。男性でパートナーから暴力を受けた人の割合は5.5%、感情的な虐待は14%、経済的な虐待は7.8%となっている。

 ABSによると、経済的な困窮と暴力・虐待には相関性があるという。例えば、過去2年間にパートナーから暴力を受けた経験のある18歳以上の女性の割合は、お金に困っている世帯で6.2%、お金に困っていない世帯で1.2%だった。

 ABSは、家庭内暴力や虐待に見舞われている人は、1800RESPECT(1 800 737 732)またはLifeline(13 11 14)に電話するよう呼びかけている。

■ソース

1 in 5 Australians have experienced partner violence or abuse(Australian Bureau of Statistics)





SHARE
社会 / 時事の最新記事
関連記事一覧
Google Adsense