検索
Close this search box.

オーストラリア薬局業界で巨大再編 ケミスト・ウェアハウスとシグマ・ヘルスケアが合併へ

SHARE

新会社の価値は8,400億円規模に

 オーストラリア在住者に馴染みが深い薬局フランチャイズ・チェーン最大手のケミスト・ウェアハウス・グループ(CWG)が、同業のアムカルなどを運営するシグマ・ヘルスケアとの合併を目指す。実現すれば、同国を代表する巨大小売企業が誕生することになる。シグマが11日、オーストラリア証券取引所(ASX)への声明で発表した。

 シグマによると、新会社の株式総額は88億豪ドル(約8,400億豪ドル)とされ、シグマの8億豪ドルの約11倍となる見通し。新会社はASX上位200社の株価指数「S&P/ASX200」の構成銘柄となる見込み。





 企業規模がより小さい上場企業のシグマが「スキーム・オブ・アレンジメント」と呼ばれる手法で、はるかに大規模な非上場企業であるCWGを取得する。現地メディアは、いわゆる「逆さ合併」(リバース・テイクオーバー)になると報じている。

 シグマ株を7億豪ドル(約670億円)で交換し、新会社の85.75%をCWG株主が、14.25%をシグマ株主がそれぞれ握る。CWGの共同創業家であるベロッチ家とガンス家が、新会社の株式の49%を所有する。シグマのマイケル・サメルズ会長とビケシュ・ラムサンダー最高経営責任者(CEO)がそれぞれ新会社の会長とCEOに就く。

 2024年下期の手続き完了を目指す。合併が実現するには、独禁当局のオーストラリア消費者競争委員会(ACCC)や裁判所、シグマの議決権を有する株主の75%以上の承認が必要となる。

 ケミスト・ウェアハウスは1970年代にメルボルンで創業した薬局が源流で、2000年に現在の社名となった。公共放送ABC(電子版)によると、現時点でオーストラリア国内に約600店、ニュージーランドに42店、アイルランドに6店、中国に6店を運営している。マイ・ケミストのブランドの薬局17店、美容品小売のウルトラ・ビューティー17店なども手がけている。

 シグマは、アムカルやディスカウント・ドラッグ・ストアーズ、ガーディアン、ファーマセーブなどのブランドで国内約400店など合計1,200店を運営している。

■ソース

ASX Release, Transformational Merger of Sigma Healthcare Limited and Chemist, Warehouse Group and Equity Raising(Sigma Healthcare)

What does the Chemist Warehouse merger with Sigma Healthcare mean for the pharmacy giant?(ABC News)





SHARE
経済 / ビジネスの最新記事
関連記事一覧
Google Adsense