検索
Close this search box.

お母さんが銃殺されたら、お腹の赤ちゃんはどうなるの? カンガルーが1年で200万頭以上も減少

SHARE

オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州で

(Photo: Ethan Brooke on Unsplash)

 オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州環境省の報告書によると、州内に生息しているカンガルーの数は推定963万4,900頭と2022年と比べて225万頭減少(18.9%減)した。州環境省は毎年、航空機によるサンプル調査でカンガルーの頭数を推算し、商業的な狩猟で間引きできる頭数の上限を決めている。22年の推定生息数に基づく23年の狩猟枠は185万228頭だったが、23年は頭数が2割近く減少したことから狩猟枠は148万4,072頭に抑えた。

 公共放送ABC(電子版)によると、州環境省の広報担当者は「地域によっては、洪水が(カンガルーの餌となる)草の生育に打撃を与えたため、間接的に生息数の減少につながった可能性がある。直接的に洪水で(流されて)命を落とした個体も一定数いただろう」とコメントした。

 カンガルーは、国章の意匠にも用いられているオーストラリアを象徴する動物だが、農業生産者にとっては大切な畑を荒らす害獣だ。代表的なオオカンガルー(英名:イースタン・グレイ・カンガルー)やアカカンガルー(英名:レッド・カンガルー)といった一般的な種は、生息数が多く絶滅の危険が低い。このため、州政府の管理の下で、毎年決められた狩猟枠の範囲内で銃殺されている。肉は食用、革はカバンや靴などに利用される。

 ただ、カンガルーの狩猟については、動物愛護の立場から「非人道的だ」という意見がある。母親のカンガルーが銃で撃たれて死亡すれば、育児嚢(腹の袋)に入った子どものカンガルーが取り残され、餓死してしまうからだ。

 ABCによると、「オーストラリア・カンガルー協会」のニッキー・サタビー会長は、カンガルーの頭数が急減しているのは、洪水よりも商業的な狩猟による影響が大きいと主張している。

「報告書は非常に気がかりな数字を示していますが、驚くべきことではありません。私たちは長年にわたって警告してきました。いくつかの地域では、狩猟を停止したところもありますが、ほとんどの地域では狩猟が続けられており、(カンガルー頭数の)急減につながったことは明白です」(サタビー会長)

■ソース

2024 quota report, NSW commercial kangaroo management program(NSW Department of Planning and Environment)

NSW kangaroo numbers drop by more than two million, authorities say rainfall and flooding the likely cause(ABC News)





SHARE
社会 / 時事の最新記事
関連記事一覧
Google Adsense