祝賀ムードに水を差す! オーストラリア出身メアリー王妃の夫、フレデリック国王のメキシコ美女不倫疑惑とは?②

SHARE

女王の譲位はメアリー王妃の離婚を防ぐため!?

不倫疑惑を報じたスペインのゴシップ誌「レクトゥラス」の表紙

 デンマークのフレデリック皇太子(55)が14日、フレデリック10世として国王に即位した。オーストラリア生まれで妻のメアリー皇太子妃(51)が王妃となり、同国出身者初の欧州の国王の配偶者として脚光を浴びている。ところが、フレデリック国王をめぐっては、マルグレーテ女王(83)が譲位を発表する直前の2023年末、スペインでのメキシコ人女性との不倫疑惑が報じられていて、祝賀ムードに水を差す形となっている。

「祝賀ムードに水を差す! オーストラリア出身メアリー王妃の夫、フレデリック国王のメキシコ美女不倫疑惑とは?①」から続く。

 スペインのゴシップ誌「レクトゥラス」が2023年11月に報じたところによると、フレデリック皇太子は同年10月25日、スペインの首都マドリッド市内でメキシコ出身の女性タレント、ヘノベーバ・カサノバさん(47)と密会し、レストランで夕食とフラメンコ鑑賞を楽しんだ後、カサノバさんの自宅で一夜を過ごしたという。

 同誌は、2人が夕食前に別々にカサノバさんのアパートに入るところや、レストランに入店、出店するところ、翌日朝に皇太子が1人でカサノバさん宅を出て1人で歩いているとされるところなど、両者の足取りを激写し、足取りを詳しく伝えている。食事だけならともかく、カサノバさん宅に朝までいたことが事実なら、不倫を疑われても仕方がない。

 これに対して、カサノバさんは皇太子との男女関係を全否定。同誌に対して法的措置を検討していると表明した。一方、皇太子とデンマーク王室は完全にノーコメントを貫いている。

昨年の大晦日に急きょ女王の退位を表明したマルグレーテ2世(Photo: Wikipedia)

 今回のフレデリック国王の即位は、これまで52年間にわたって女王を務めたマルグレーテ2世が23年12月31日、生前退位を表明したことによるものだ。少なくとも表向きには、女王が23年に背中の手術を受けたことが、退位のきっかけとされている。しかし、デンマーク国王が存命中に退位するのは約900年ぶりとも言われていて、きわめて異例。それだけに、この時期の王位継承は、不倫疑惑を絡めた憶測も呼んでいる。

 23年1月1日付の英日刊紙「ザ・テレグラフ」は、デンマーク王室の事情に詳しい専門家の話として「メキシコ人女優との不倫の噂を受けて、息子(フレデリック皇太子)の結婚を守るため、女王の戦略的な計算があったのかもしれない」との見方を伝えている。あくまでも仮定の話ではあるが、不倫騒動が離婚に発展し、人気の高いメアリー王妃が離脱すれば、デンマーク王室にとっては大きな痛手になる。それなら、夫妻を国王と王妃として即位させることで、関係改善が図れると考えた可能性があるというのだ。

 即位したフレデリック国王とメアリー王妃は14日、コペンハーゲンのクリスチャンスボー城に集まった数千人の国民の前で唇を重ねた。だが、それは偽りの接吻だったのか?真相はいかに。

■ソース

Pictures that rocked Danish royalty: Crown Prince Frederik of Denmark and Mexican socialite Genoveva Casanova’s night out in Madrid without his wife Princess Mary(Daily Mail Australia)

Queen Margrethe II abdicated to save son’s marriage after affair rumours, says Danish royal expert(The Telegraph)





SHARE
経済 / ビジネスの最新記事
関連記事一覧
Google Adsense