検索
Close this search box.

ラグビー・ワールド・カップ日本代表登録選手発表会レポート

SHARE

ラグビー・ワールド・カップ・ニュース!

ⓒYANN COATSALIOU/AFP
ⓒYANN COATSALIOU/AFP

ついに先月から開幕したラグビー・ワールド・カップ(以下、RWC)に関する情報を紹介。8月末に 行われた日本代表の登録選手発表会の模様を、 本紙の連載「GO! ワラビーズ」の山田美千子氏に伝えてもらう。

緊張に包まれた日本代表メンバー発表記者会見
(文=山田美千子)

2019年8月29日、RWC日本代表の最終登録メンバー発表が行われた。直前の8月18日から行われた網走合宿に招集されたのは41人。ワールド・カップへの登録メンバーは31人。誰の名前が読み上げられるのか。男子15人制日本代表強化委員長の藤井雄一郎氏からのあいさつに続いて、ジェイミー・ジョセフ・ヘッド・コーチ(以下、HC)が話し始めると、会見場には緊張感が漂い始めた。日本代表のHCの就任会見を思い出しながら話し始めたジェイミーHC。いつもの温和な表情とは変わって、硬い表情に見えた。

日本代表メンバーを発表するジェイミー・ジョセフHC
日本代表メンバーを発表するジェイミー・ジョセフHC

選出理由に対して、ジェイミーHCは、個々の高いスキルは当然のことながら、複数のポジションをプレーできること、チームについて理解していること、役割の遂行力の高い選手を選出したと述べた。またSHが3人の選出になった理由として「(SHは)スペシャルなポジションであり、チームと戦術をよく理解している必要があるため」と答えている。確かに負傷者が出た場合、復帰まで短期間であればしのげるが、SHに関しては難しいだろう。

アタアタ・モエアキオラ選手の選出については、チーム事情のため、テスト・マッチではフロント・ランナーを使わざるを得なかったためアピール・チャンスが少なかったが、アタアタ選手は体も大きくパワフルであり、若く、成長が見込まれることが選出の要因となったという。

一方、網走合宿に招集されていたある若手選手は、本来のポジションはPRだが、代表チームとしてはHOとして期待されていた。しかしライン・アウトでのスキルとしては、やはりHOのスペシャリストである坂手選手や北出選手が上回っていたため、選出を見送られたという。

日本代表に限らず、代表選手決定までのプロセスには、さまざまなドラマがあり、選ばれる選手の側にも、選ぶ側のコーチ陣にも決断までには多くの苦悩がある。その決断はどんな結果を呼ぶのだろうか。

発表されたFW18人、BK13人の計31人は以下の通り。

ポジション名前所属チームキャップ数
PR稲垣啓太パナソニック28
PR木津悠輔トヨタ自動車3
PR具智元ホンダ7
PR中島イシレリ神戸製鋼2
PRヴァル・アサエリ愛パナソニック8
HO北出卓也サントリー
HO坂手淳史パナソニック16
HO堀江翔太パナソニック61
LOトンプソン・ルーク近鉄66
LOヴィンピー・ファンデルヴァルトNTTドコモ12
LOヘル・ウヴェヤマハ発動機13
LOジェームス・ムーア宗像サニックス2
FLツイ・ヘンドリックサントリー44
FL徳永祥尭東芝11
FLリーチ・マイケル東芝62
FLピーター・ラブスカフニクボタ2
FL/No.8姫野和樹トヨタ自動車12
No.8アマナキ・レレイ・マフィNTTコミュニケーションズ24
SH茂野海人トヨタ自動車9
SH田中史朗キャノン70
SH流大サントリー18
SO田村優キャノン57
SO/CTB松田力也パナソニック19
WTB福岡堅樹パナソニック33
WTBアタアタ・モエアキオラ神戸製鋼3
WTBレメキ・ロマノ・ラヴァホンダ11
CTBウィリアム・トゥポウコカ・コーラ9
CTB中村亮土サントリー18
CTBラファエレ・ティモシー神戸製鋼17
FB/WTB松島幸太朗サントリー33
FB山中亮平神戸製鋼13
SHARE
Google Adsense