検索
Close this search box.

穂積・二宮組が劇的な逆転勝ち─テニス全豪オープン第5日

SHARE
初戦を突破した穂積・二宮組

(文・写真=板屋雅博)

 テニス4大大会の今季第1戦、全豪オープンは1月18日、メルボルン・パークで女子ダブルス1回戦が行われ、第16シードの穂積絵莉/二宮真琴組がアリシア・パークス/ソフィー・チャンの米国ペアに4―6、7―5、7―6の大逆転で勝利した。 

 第1セットを2回のブレークで落とし、第2セットも2回のブレークで1―5と追い詰められ、誰もが日本ペアの敗退を予想した。しかし、この劣勢の状況から雨による約2時間の中断を挟みながらも、気持ちを切らさなかった穂積・二宮組が6ゲームを連取し、7―5で第2セットを奪取した。

 最終セットも3度のブレークを許して相手のサービング・フォー・ザ・マッチを迎えたが、再びブレーク・バックで追いつくと、最後は10ポイント先取のスーパー・タイブレークを制して劇的とも言える大逆転で勝利をもぎ取った。

 これまで日本勢は全敗が続いていたが、穂積・二宮組が勝利第1号となった。





SHARE
特集・取材の最新記事
関連記事一覧
Google Adsense