ボーナス3,000豪ドル支給−NSW州の医療従事者に

SHARE

州公務員には3%賃上げ表明

 ニュー・サウス・ウェールズ(NSW)州のペロテ州首相は6日、前線の医療従事者に3,000豪ドルのボーナスを支給すると発表した。また、物価高への対策として、州の公務員の賃金を一律3%引き上げることも表明した。同日付の公共放送ABC(電子版)が伝えた。

 ボーナスは、6月21日に発表する同州の新年度(2022/23年度=22年7月1日〜23年6月30日)予算案で、医療部門支援策(総額450億豪ドル)の一環として計上する。新型コロナ・ウイルスの感染拡大と戦っている医療従事者への「感謝の気持ち」(同州首相)だとしている。

 また、医療現場ではコロナ禍で人手不足が深刻化していることから、医師や看護師、医療関係の職員合計1万人を新規採用するための費用も予算化する。

 一方、州職員の3%賃上げについて、NSW州教職員組合の幹部は「NSW州の公立学校の教員の給与を引き上げ、人手不足を解消するには十分ではない」と批判した。

 コロナ禍後の経済再開に伴う供給網の根詰まりや、エネルギー価格の高騰を背景に、直近3月四半期の消費者物価指数は前年同期比5.1%上昇。インフレは実質賃金を上回るペースで加速している。「3%程度の賃上げでは、生活は苦しくなるばかり」というのが労組の主張だ。

■ソース

NSW Premier commits to public sector pay rise and $3,000 appreciation payment

SHARE
Google Adsense