90秒の自己テストで皮膚がんリスクを予測

QLD州の医学研究機関がオンライン・テスト開発

 QLD州の医学研究機関が、わずか90秒で将来的な皮膚がん発症リスクを非常に正確に判定するオンライン・テストを開発した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 このテストは被験者が今後3年半以内に皮膚がんを発症するリスクを予測するというもので、QIMR Berghofer Medical Research Instituteが続けている世界最大の皮膚がん研究で集められたデータに基づき、40歳から70歳までの人口を対象にしており、新しくオンラインで発表された。

 3月12日付Journal of the National Cancer Instituteで発表されたこの研究論文で、デビッド・ホワイトマン教授は、「8年間かけて45,000人の皮膚がん患者を調査してきた。皮膚がんリスクを予測する上でこのテストはかなり確実なツールになるはず。これまでのテストでその精度の高さは証明されている」と述べている。

 さらに、「テストは、年齢、性別、皮膚の日焼け能力、しみの数、髪の色、サンスクリーン使用有無など7項目の情報に基づいており、テストも一目瞭然で簡単。たとえばしみの数なら何人かの写真が表示されるので自分にもっとも近い写真を選ぶだけで、詳しい知識がなくても使え、質問も簡単に答えられるようにできている」と述べている。

 オンラインのリスク予測は、「平均をはるかに超える高いリスク」から「平均をはるかに下回る低いリスク」まで5段階に分けられている。

 ホワイトマン教授は、「高リスクと判定された人は早めに診察を受け、皮膚がんが皮膚の下の層や身体の他の部分に転移する前に治療を受けるのが望ましい」と述べている。

 オーストラリアでは皮膚がんは4番目に死亡率の高いがんで、毎日5人が死亡、年間14,000人以上が新しく皮膚がんと診断されている。
■ソース
Melanoma self-testing could save your life in just 90 seconds, experts say

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る