シドニー都市圏南西部クラスター関連陽性者1人

ホテル隔離中の海外帰国者4人に陽性判定

 11月1日、NSW州保健局は、シドニー都市圏南西部のホクストン・パーク・クラスター関連で1人が10月31日にコロナウイルス陽性と判定されたが、午後8時を過ぎていたため、11月2日発表の統計に組み込まれると発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 この新陽性者はプレストンズのフリップ・アウト・トランポリン・パークに行ったことのある児童と発表されている。また、他にもホテル隔離中の海外帰国者4人が陽性と判定されており、この4人は11月1日発表の統計に組み込まれている。

 トランポリン・パークでは、昨日陽性判定が出た児童と同じく、10月25日に来ていた児童1人が先週に陽性と判定されている。

 NSW州保健局のドクター・クリスティーン・セルビーは、10月25日午前11時から午後2時までの間に同パークに来ていた者はすべて濃厚接触者と見なされ、直ちに検査を受け、14日間の自己隔離に入るよう発表している。

 その他にも、10月25日午後2時から午後3時30分までの間にリバプールのジャスミンズ・レバニーズ・レストランに入店した者も直ちに検査を受けるよう発表している。

 11月1日、ほぼ5か月ぶりにオーストラリア全土が、10月31日午後8時までの24時間に「新陽性者ゼロ」を記録した。

 連邦政府のグレッグ・ハント保健相は、「全国新陽性者ゼロ」を発表し、国内のすべての医療従事者とオーストラリア国民の努力のたまものと称賛した。
■ソース
New COVID-19 infection linked to Hoxton Park cluster in south-west Sydney, health authorities say

 幌北学園 blancpa Travellers Medical Service novel-coronavirus nichigowine 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る