NSW州北東部被災地、再び洪水の被害

SHARE

ノーザン・リバーズ、北部海岸、バイロン・ベイも

3月30日付ABC放送(電子版)は、NSW州北東部に大雨が続いており、3月初めに甚大な水害に見舞われたノーザン・リバーズ、中北部海岸地域が再び被害を受けていると報じた。また、海岸の観光地バイロン・ベイもビジネス中心街が局地的な洪水で浸水しており、地元民はこれまでに見たことのないひどい洪水だと語っている。

また、先の水害被災地と河川集水域は水が飽和しているため、現在の大雨がそのまま局地的洪水や河川の水位上昇につながっている。

バイロン・ベイ中心部では過去24時間の降雨量が300mmを記録しており、一時は雨水管の側溝の排水能力を上回ったため、ビジネス中心街は1mの深さまで水に浸かった。その後、洪水は徐々に流れ出している。

一方、3月初めにビジネス中心街が軒先まで水に浸かったリズモア市では洪水の後片付けが終わっていないうちに再びウィルソン川の水位が上昇し、市内が浸水している。

また、気象庁(BoM)の予報官は、地域に小型ながら強い低気圧があり、水害被災地域には強い風が吹いている、と発表、「エバンス・ヘッドからバイロン・ベイ、その周辺の地域では短時間のうちに200mmから300mmの降雨量があった。そのため、バリナ、バイロン・ベイなどの地域でかなりの破壊力を持った局地的洪水が発生している」と述べている。
■ソース
Byron Bay CBD under water for most of the day amid widespread flooding in northern NSW

SHARE
Google Adsense