シドニー北西部で変電所の故障、3万世帯に影響

ライド市と周辺地区に影響、当日中に復旧

 11月25日、NSW州の送配電企業、Ausgridは、シドニー北西部のメドウバンク変電所で故障が発生し、イーストウッド、ウェスト・ライド、ライド、ローズ、メドウバンク、パトニー、デニストン地区が停電したと発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 影響を受けたのは住宅、事業所など3万戸。

 同日夜にはAusgrid社の広報担当者が、「応急対策として、電力網の他の変電所を経由して影響を受けた地区への送配電を開始した」と発表した。

 広報担当者は、「変電所内の絶縁体が破損しており、緊急作業員が変電所で絶縁体交換作業を続けている」として、顧客に謝罪する発表を行っている。
■ソース
Power restored to north-west Sydney homes after substation fault

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る