MH-17撃墜犠牲者の父親バイク盗難

フェースブックで返却呼びかけ、戻る

 西オーストラリア州パースの男性が自宅前からオートバイを盗まれた。このオートバイは高価というだけではなく、ウクライナ東部で撃墜されたマレーシア機MH-17に乗っていて犠牲になった男性の3人の子供と義父の思い出の品だった。男性がフェースブックにオートバイの返却を呼びかけたところ、バイクが無事に返ってきた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 男性はスカーバラに住むアンソニー・マスリンさん。MH-17撃墜一周年が過ぎた直後の先週、自宅前からモト・グッチ・カリフォーニア1100が盗まれた。マスリンさんは、このバイクを2002年に息子のモー君が生まれた日に購入しており、2014年7月17日に殺された子供、モー、エビー、オーティスちゃんと義父のノック・ノリスさんへの思い出の品になっている。

 マスリンさんはフェースブックに、「モーターバイクが戻ってくれば、何も問わない。$1,000を進呈する」と発表した。26日になって、マスリンさんがフェースブックに、「モーターバイクが戻ってきた。大勢の人に骨折っていただいたことに感謝する。ホットワイヤされたバイクを修理できる人を知っていれば教えていただきたい」と投稿した。
■ソース
Anthony Maslin, has stolen motorbike returned after Facebook plea

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る