英皇太子夫妻、SA州に到着

バロッサ・バレー・ワイナリーを訪問

 11月10日、チャールズ英皇太子とカミラ・コーンウォール公爵夫人がニュージーランドからオーストラリアに到着、バロッサ・バレーを訪れ、地元民の歓迎を受けた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 2012年以来初めてオーストラリアを訪れる二人は同日午後1時、アデレード北方のエディンバラRAAF(空軍)基地に降り立ち、アデレード北東のタヌンダに向かった。ここでは、大通りに並ぶ学童や王室ファンの歓迎を受けた。

 タヌンダからはセペルツフィールド・ワイナリーに向かい、ジャムファクトリーの職人による樽造りなどの作業を見学、さらにセンテニアル・セラーのワイン・テースティングを楽しんだ。

 チャールズ皇太子はバロッサ・バレーからアデレード市内北西部のボウデンで鍬入れ式を行い、コーンウォール公爵夫人は総督邸で開かれた家庭内暴力問題会議に出席した。

 二人はその後午後5時30分にはアデレードからキャンベラに向かい、11日に戦争記念館を訪れる予定になっている。
■ソース
Royal visit: Prince Charles and Duchess of Cornwall greeted by fans at Barossa Valley

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る