英語で説明できる?─「鍋奉行」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—– Story ——-
「今度、友達と鍋パーティーをするんだけど、その友達の1人が鍋奉行だって聞いて。それって何?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈


 

第16回

What is Nabe-bugyō?

鍋奉行って何?

Aussie: What kind of person is a ‘nabe-bugyō’?

You: Well, a bugyō is often translated as a ‘magistrate’ or ‘commissioner’, and was a title given to samurai officials in feudal Japan. Other terms would then be added before the bugyō to describe more specifically given tasks, such as Edo-machi-bugyō(for municipal magistrates of Edo)or Kinzan-bugyō(for commissioners of mines). So any guesses now for who a nabe-bugyō might be?

A: Is it someone in charge of the nabe…?

Y: Exactly! A nabe-bugyō is someone who oversees the process of cooking and serving a hotpot dish. There are usually two types of these people – one assumes control of all the tasks and does everything by themselves, and the other type is a person who directs others to do these things for them.

A: Wow,these people sound so authoritarian…!

Y: Haha, I know. They can be a bit pushy sometimes, not to mention picky. One time I tried to put in a bit more soy sauce into the hotpot and the nabe-bugyō went nuts. He was also insistent that we eat the dish in a particular order…

A: Geez! We use the term ‘control freaks‘ to describe people like that!

Y: But they can sometimes be good to have at a hotpot gathering, too. For example, when the group is made up of people who’d just like to sit back and eat, these kinds of people are really essential to have at the party.

A: That’s true. So was this an actual job back
in the Edo period?

Y: Yes, it was. Hotpots were quite precious back then, so in the Tokugawa family, they had a nabe-bugyō to administer their family hotpot that had been passed down through the generations.

A: I see. Don’t think I know enough about hotpots to be a nabe-bugyō, but it will be interesting to see how my friend goes about dictating things!

Y: Haha, you’ll have to tell me all about it

 

説明する時のミソはこれ!

「奉行」というのは、鎌倉時代に武家政権ができてから江戸時代の終わりまで続いていた職名で、ある役目の責任者として、すべてを取り仕切ることから、現代でも何かを取り仕切る(ことに喜びを見出す)人を「〜奉行」と多少からかい気味の、また、少々迷惑な存在であるという意味を含んだ呼称として使われている。「鍋奉行」は文字通り、鍋料理にうんちくを傾ける人で、例えば出汁の量、具材を入れる順序や位置、火加減、具材を食べる順序など、非常に細かく指定して仕切る人、と説明しよう。そうすると「そう言えば、豪州でもバーベキューを自分のやり方で仕切りたい人がいるんだよねえ」と相槌を打たれること請け合い! そのような人は、差し詰め「バービー奉行」と呼んでおこう。さらに自分のやり方に従わない人がいると激怒する、奉行より権力があり逆らうことができない人を「鍋将軍」と呼ぶ、ということも、ついでにそっと教えておこう。

 

【単語・成句】
any guesses〜?…〜ということが分かる?
Exactly!…その通り/ピンポーン!
oversee…仕切る/監督する/目を光らせる
assume〜…〜の役を務める
direct…指図する/指示する
authoritarian…威張っている/独裁者的な
pushy…出しゃばりな/押しの強い
not to mention〜…〜はさておき
picky…えり好みする/気難しい
go nuts…わめく/慌てふためく/気が狂う
insistent…強要する/〜と言って聞かない
control freaks…仕切りオタク
sit back…見ているだけで/手伝わないで
been passed down through the generations… 何世代にもわたって受け継がれてきた
go about〜…〜に対処する/〜に反応する
tell me all about it…どうだったか全部教えてね/一部始終を聞かせてね
 
【会話文で使える表現】
■in charge of〜…〜担当/〜の係
‘in charge of’は、仕事上の責任者という正式な立場の場合にも、一時的に何かを任されているという場合にも使える便利な表現。
例①Who’s in chargeof this section?…
この部署の責任者は誰でしょうか。
例②Don’t worry, I’ll be in charge oftidying up the place after the party.…
パーティーが終わった後は、僕が責任を持って後片付けするから心配ないよ。
例③She is the nurse incharge of that patient.…
あの看護士が、その患者の担当になっている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る