2015年4月 ニュース/QLD


州首相に就任した労働党のアナスタシア・パラシェイ党首

パラシェイ州首相就任

州政権交代−新内閣発足

1月31日投票のQLD州議会選挙の開票結果が2月13日に確定したことを受けて、アナスタシア・パラシェイ州労働党党首は2月14日、第39代州首相に就任した。労働党は3年ぶりに州政権を奪回した。

パラシェイ州首相は同月16日、新しい州内閣を発足させた。パラシェイ氏は芸術相を兼任。同じく女性のジャッキー・トラッド氏が副首相・交通・通商・インフラ相、カーティス・ピット氏が財務・雇用・産業関係・先住民相に就任した。そのほかの主な州閣僚の顔ぶれは、キャメロン・ディック保健相、ケート・ジョーンズ教育・観光・中小企業・英連邦大会担当相、アンソニー・リンハム開発・資源相、イベット・ダース法務・訓練・技能相、ジョアン・ミラー警察・消防・災害担当相、ビル・バーン農水産・スポーツ・競馬相など。

パラシェイ氏は1969年ブリスベン生まれで、労働党の元州議員ヘンリー氏を父に持つ二世議員。2006年に引退した父の地盤を継いで初当選した。アナ・ブライ州首相の労働党政権で多文化相、交通相などを歴任し、12年に野党党首に就任した。女性のQLD州首相はブライ氏に次いで2人目。

なお、今回の選挙結果をめぐっては、ブリスベンのファーニー・グローブ選挙区に立候補した「パーマー・ユナイテッド党」(PUP)の候補が、規定で立候補資格がない「債務を返済していない破産者」だったことが選挙後に発覚したことから、裁判所の判断によってやり直し選挙が行われれば、その結果によっては自由国民党が過半数を奪回する可能性がわずかに残っていた。しかし、州選挙管理委員会は13日、同選挙区の選挙結果の有効性を裁判所の判断に委ねるとしていた方針を撤回したため、再選挙実施の可能性が消え、労働党候補の当選が確定した。


2028年五輪、ブリスベン誘致の動き
州南東部の市長らが検討

ブリスベンのグライム・クァーク市長らが、2028年五輪のブリスベンへの誘致を検討する。市長らが3月6日、実現可能性に関する調査を実施する方針を明らかにした。19年までに五輪開催予定都市として名乗り出るかどうかを決めるという。同日付の公共放送ABC(電子版)が伝えた。

ただ、実現可能性調査に関する正式な書類はまだ取り交わしていない。予算も全く付いておらず、構想は白紙の段階だ。クァーク市長は「長い道のりの最初の第一歩だ」と述べた。

オーストラリアでは1956年にメルボルンで、2000年にシドニーでそれぞれ五輪が開催された。ブリスベンは92年五輪に名乗り出たことがあるが、86年の投票でバルセロナとパリに敗れて3位に終わった。


州南東部で住宅ブームの兆し
GCで着工認可件数激増

オーストラリア統計局(ABS)が3月3日に発表した統計によると、QLD州の1月の建築物の新規着工認可件数は5,034件(季節調整値)と前月比で47.8%増加した。同件数が5,000件の大台を超えるのは初めて。全国平均の7.9%増と比較して急増ぶりが際立っていて、建設業者の団体「マスターズ・ビルダーズ」は「QLD州の住宅建設ブーム到来を強く示唆している」と指摘した。

特にゴールドコースト(GC)は前月比568.5%増の1,464件と劇的に増加した。1月まで1年間の件数も前年同期比で56.3%増と好調だった。GCでは英連邦のスポーツ大会「コモンウェルス・ゲームズ」が2018年に開催される。このため、選手村の建設が本格化したことが、着工認可件数急増の背景にあると同団体は分析している。

低金利を背景に、特にGCの集合住宅では将来の不動産価格上昇を見越した投資意欲も高まっているという。地域別に見ると、ブリスベンは前月比7.2%増、ブリスベン北方のサンシャイン・コーストも13%増と好調だった。シドニーと比べて出遅れていた州南東部大都市圏の住宅ブームに火が付く可能性がありそうだ。

一方、ケアンズを含む「州最北部」は15.1%減となるなど、南東部以外の地方の住宅建設はおおむね低調に推移している。


ワニ政策見直しへ−QLD州新政権

QLD州の新しい労働党政権は近く、ワニ(クロコダイル)の駆除に関する政策の見直しを発表する。これに先立ち、スティーブン・マイルズ州環境相は州北東部のタウンズビルとケアンズを訪問し、地域社会の関係者と意見を交換する。3月9日付の公共放送ABC(電子版)が伝えた。

自由国民党の前政権はケアンズなどの市街地に捕獲地区を設定し、地区内に入ったワニの移送を徹底する政策を導入した。ABCによると、2012年以来111匹のワニが捕獲され、ほとんどが動物園や飼育場に移送されたが、5匹が安楽死させられた。同州内では、人間がワニに襲われた事故は1985年以来22件報告されている。このうち7件が死亡事故だった。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る