右左翼グループ・デモ、ごく一部で衝突

5人逮捕の他はおおむね平穏に解散
国粋主義団体が参加する「Reclaim Australia」が「オーストラリアのイスラム化反対」などの反ムスリム・スローガンを掲げて集会と示威行進をする計画を明らかにしていたが、反民族差別団体が参加する「No Room for Racism」がこれに対して同日の集会と示威行進を計画した。7月19日、各州都で行われた両者の示威行進は一部で小競り合いが起き、5人が逮捕された。
ABC放送(電子版)が伝えた。
18日のメルボルンの示威行進では警察隊が催涙スプレーを使って群衆を鎮静したが、19日は比較的平穏に終了した。ただし、シドニーでは5人が逮捕され、40歳の女一人が警察官に対する暴力行為で起訴された。また、57歳の男が迷惑行為で出廷を命じられ、35歳と19歳の男が平安を乱したかどで逮捕されたが不起訴のまま釈放された。
また、男性2人が軽傷を負い、セント・ビンセント病院に運ばれ、容体は安定している。また、48歳の男性が顔に軽傷を負い、現場で応急処置を受けた。警察はこの2つの事件を捜査している。
マイク・ベアードNSW州首相は、「国民は誰でも抗議する権利がある。わが国では大勢の男女が抗議する自由、言論の自由のために戦った。しかし、今回のような暴力はその戦いの名誉を汚すものだ」と語っている。
一方、QLD州選出のジョージ・クリステンセン連邦下院議員は、「Reclaim Australia」の集会で反イスラム演説を行った。同議員は先に集会参加を明らかにしており、批判を受けていた。また、ポーリン・ハンソン元ワンネーション党議員もロックハンプトンの集会で演説した。
■ソース
Reclaim Australia, No Room for Racism protests wrap up nationwide, five arrested in Sydney

http://www.abc.net.au/news/2015-07-19/police-out-in-force-as-protesters-converge-in-more-rival-rallies/6631212

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る