週末のシドニー鉄道網、不調で各線大幅遅延

2時間遅れにも理由説明がないと乗客の不満

 8月18日のシドニー鉄道網はまた大混乱で2時間の遅れが出たところもある。NSW州政府は、鉄道網のアップグレードとITの不調が原因と発表しているが、大幅な遅れが仕事やビジネスに差し支えるという乗客も出ている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 州営交通機関を管理するTransport for NSWは、「技術的問題が発生し、鉄道網の通信が阻害されたため、制御信号がプラットフォームに届かない事故があった」と発表している。

 そのため、インジケータ・ボード、リアルタイム・アプリケーション、列車走行情報などが不通になっていたり、不正確になってしまったと発表している。

 この事故で29路線が影響を受けた。

 セントラル駅を含む各駅では行き先表示のスクリーンが空白になり、しかも、乗客にはほとんど何の案内も説明もないままだったと不満を語っている。

 Transport for NSWでは、不要不急の移動を遅らせるか、地域のバス輸送を利用するか、独自の移動手段を用意してもらいたい。交通混乱を深くお詫びし、乗客の辛抱には感謝する。正常運行を回復するよう努力を続けていると発表している。

 ITの通信問題は鉄道網全体に広がっており、Transport for NSWでは、「鉄道網のアップグレード作業中にIT問題が起きた。本日朝に起きたITの不調で列車運行状況や各列車の所在位置を知らせるオペレーティング・システムに影響が出た」と発表している。

 NSW州議会野党労働党のジョディ・マッケイ影の運輸大臣は、「遅延の原因に関する情報の欠如は深刻だ」と語っている。
■ソース
Sydney trains technical issues spark major delays across the city

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る