アボリジニ少年ひき殺し事件被告懲役3年の判決

過失致死適用で判決後カルグーリでは緊張感

 アボリジニのエライジャ・ドハティ少年がモーターバイクを盗んだとして、車で追い回し、ドハティ少年を轢き殺した被告人に対して、パースの最高裁は、故殺から引き下げて危険運転過失致死を適用、懲役3年を言い渡した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 この判決を不服とする人々が裁判所に突入しようとしたりして一時は緊張した空気に包まれた。

 カルグーリ・アボリジニの長老は、「判決は不正義、先住民族はがっかりし、怒っている。この判決は人々の気持ちをひどく傷つけた」と語っている。

 2016年8月、当時14歳のドハティ少年がモーターバイクに乗っている時に、そのモーターバイクの所有車に車で追われ、轢かれて死亡した時にも暴動が起きた。

 州最高裁の陪審団は6時間をかけて評議した。陪審団が評決を読み上げると傍聴席からは被告人と陪審団に向けて怒号が飛び、警備が呼ばれて陪審員を安全に外に連れ出す間、裁判が中断された。さらに、100人ほどの人々が先住民族の旗を掲げ、判決に抗議のデモを行った。

 抗議のデモを機動隊が取り囲んだが、ドハティ少年の死亡事故後に起きた暴動ほどのできごとはなかった。

 また、人々はエライジャ・ドハティ少年が亡くなった現場に集まり、ロウソクを点すなどしてドハティ少年への哀悼の意を表した。

 被告人の弁護人を務めたショーマス・ラファティ弁護士は、被告人の悔悟の念を法廷で伝えた。また、裁判中、被告人は、「前日にモーターバイク2台が盗まれたので、当日、警察に教えられて、グリブル・クリークに出かけた。亡くなった少年が盗まれたバイクを乗り回していたのでとっさに車で追い回す気になった。砂利道でモーターバイクのドハティ少年を4WCで追い回したことは危険な行為だったことを認めたが、犯罪行為ではなかった」としている。

 事件時には約100mを25秒かけて走り、時速67km程度になっていた。ドハティ少年のバイクが転倒して軽トラックの下に巻き込まれた。バイクに迫りすぎていたが、バイクが急に向きを変えたため、避ける暇もなかった」と証言している。

 事件翌日、被告人の自宅が焼き討ちされ、妻と2人の子供は安全を気づかってWA州から転居した。
■ソース
Elijah Doughty trial: Man jailed for three years over death of Kalgoorlie teenager

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る