元医療労組全国書記長が破産宣告

内部告発から告発される側に転落

 医療労組(HSU)の元幹部、クレイグ・トムソンやマイケル・ウイリアムソンの労組資金着服などの不正行為を告発し、一時は内部告発の英雄になったキャシー・ジャクソンHSU全国書記長だったが、事件の過程で彼女自身が労組のクレジット・カードを私用の支払いに充てていたとの疑惑が持ち上がり、彼女が告発した2人と同じ立場に立ってしまった。HSUから着服資金の返済を求められていたジャクソン元HSU全国書記長が、破産を申し立てた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 HSUの訴状によると、ジャクソン氏は130万ドルを超える組合資金を着服したとされている。現在連邦裁判所で審理が進んでいるこの事件では、ジャクソン元書記長は、組合のクレジット・カードを使って自分の衣服や食事、休暇旅行などの代金を支払ったとされている。

 ジャクソン氏は破産法第58条に基づく破産宣告申請を行っており、HSUが起こしていた弁済の訴訟はこれ以上進められないことになる。ジャクソン氏はシドニーからビデオ・リンクで出廷する予定になっていたが、姿を現さなかった。

 ジャクソン氏の精神衛生を理由に延期されていた裁判は6月29日午後に予定されていた。
■ソース
Kathy Jackson, former Health Services Union national secretary, declares bankruptcy

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る