フェースブック、複数のユーザー使用停止

先住民族の伝統的な姿が規則違反

 フェースブックが複数のユーザーをフェースブック使用停止処分した。原因は、2人のオーストラリアの先住民族、アボリジニ女性が伝統的な儀式の姿で写っている写真を添えたアボリジニのフェミニズムに関する記事をシェアしたためとしている。また、フェースブックは「乳房を露出した写真の投稿を禁止している」と説明している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 フェミニストでフリーランスの著述家、セレステ・リドルさんは、毎年「国際女性の日」にQueen Victoria Women’s Centreで開かれる集会で基調講演を行い、その演説内容が写真付きでオンライン版「New Matilda」に掲載された。リドルさんは、「講演内容は、フェミニズムと先住民族権の交点についてだ」と語っている。

 New Matildaは、講演内容に添えて、アボリジニの女性が儀式のための伝統的なボディ・ペイントを着け、乳房を露出している写真を掲載した。リドルさんは、乳房を露出したアボリジニ女性が儀式で踊っている画像をフェースブックでシェアしたところ使用停止処分を受けたことについても講演で話し、「2人の女性の姿が先住民族女性のフェミニズムであり、また昨年私のページがトロルの攻撃を受け、さらにフェースブックにフェースブック使用停止の脅迫を受けたことについて語った内容そのものに関わっていることから、New Matildaは、その画像の掲載を望んだ」と語っている。さらに、「フェースブックは、この写真がヌードであり、露骨な性表現だとしている。しかし、フェースブックはアボリジニ文化に関する理解を欠いている」と語っている。

 また、先住民族系ソーシャル・メディアを立ち上げたルーク・ピアソンさんは、「フェースブックの措置は残念ではあるが、いまさらショックは受けない。写真は講演内容に添った完全に適切なものだった。フェースブックはアボリジニに対するおぞましい人種差別的なページの削除を拒否したことで悪名を高めたが、こんどはセレステの写真のシェアを禁じたことで荒唐無稽もいいところだ」と語っている。

 フェースブックのスポークスパーソンは、「問題認識活動、芸術活動、文化調査などの理由でヌード画像を含めた内容をシェアする人もいることは承知している。フェースブックがヌードの表示を制限しているのは、フェースブックの世界的な利用者の中にはこの種の内容に対して敏感な人もいること。社会文化や年齢などで特に敏感な人もおり、すべての人を平等に扱い、報告に対して機敏に対処するため、世界中すべて統一した分かりやすい規則が必要だ。そのため、当社は遺憾ながらこういう対応をせざるを得ない。ユーザーはリドル氏の演説内容を写真抜きでシェアすればいいではないか」と述べている。
■ソース
Facebook suspends users over ‘nude’ photo of Aboriginal women in traditional dress

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る