女王誕生日、叙勲者700人の発表

アーチー・ローチやディックス・スミスも

 6月の第二月曜日は女王誕生日に指定されている祝日、700人の叙勲者が発表された。実際にはこの日に生まれたイギリス女王はおらず、まして誕生日が年によって変動する人物もいないが、一説には1936年に亡くなったジョージV世の誕生日が6月3日だったためにその日に近い第二月曜日を休日として「ゴールデン・ウイーク」化するようになった。この日にはオーストラリア国内の叙勲者氏名が発表される。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 今年は女性170人、男性349人が「Order of Australia」を受け、198人が軍勲章や功績章を受けている。OAには今年も科学者、慈善活動家、エンターテイナー、運動選手、先住民族リーダー、法律家などが受勲している。また、最高の栄誉とされる「Companion of the Order of Australia(AC_」は8人に授けられた。

 ACの受章者:アデレード大学ワイン経済学のキム・アンダーソン教授、クイーンズランド工科大学豪前立腺がん研究センター所ののジュディス・クレメンツ教授、クイーンズランド工科大学検眼学のネーサン・エフロン教授、高裁判事のパトリック・キーン判事、肝臓移植医のスティーブン・リンチ教授、VIC州控訴裁判所所長のクリストファー・マクスウェル判事、シドニー大学チャールズ・パーキンス・センターの学術部長、スティーブン・シンプソン教授、慈善活動家、起業家、航空冒険家のリチャード「ディック」スミス氏。

 エンターテイナーでは先住民族の問題を歌い続けてきたアーチー・ローチ氏にはOrder of Australia(AM)が授けられた。
■ソース
Queen’s Birthday honours: More than 700 Australians recognised

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る