セントラル駅で火事、乗客ら避難する

コンコースのファーストフード店付近から

 9月26日夕刻、シドニーのセントラル駅で火災発生、建物に黒煙が立ちこめ、一時は駅内の全員が避難する騒ぎになった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午後6時過ぎ、同駅の階上コンコースの東端にあるファーストフード店付近で火災報知器が鳴り、消防車などが出動、40人ほどの消防署員が消火活動する間、駅にいた乗客、旅行者、店舗従業員、駅職員らが一斉に駅建物から避難した。

 マーク・ライリー消防監は、「出火原因はまだ不明。火災は出火元のレストランから広がらず、出火元で鎮火した。現在は、消防署員、警察鑑識課などが現場検証を行い、出火原因を調査している」と発表した。
■ソース
Fire at Sydney’s Central Station under control after earlier evacuation

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る