シドニーでアイス160kg押収される

中国からの貨物に、中国人ら4人逮捕

 中国からの貨物からアイス160kgを含む500kg近い違法薬物が押収され、中国人を含む4人が逮捕された。警察では、国際的なドラッグ密輸シンジケートの一部と見ている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 貨物は1月1日にシドニーのボタニー港に到着したコンテナー3個に積まれていたバー・スツールやスープ・ミックス・パケットで、薬物はスツールやパケットに隠されていた。しかし、外国の税関当局から連絡を受けたオーストラリア国境警備部が貨物を検査し、椅子の背もたれから市場価格1億500万ドルを超えるアイス、また、アイスの前駆物質であるエフェドリン340kgがスープ・ミックス・パケットに偽装されていた。

 貨物は警察の監視下に置かれてピークハースト、キングスグローブの3か所に配達された。その後、1月21日に違法薬物の所在を追跡した警察が首都圏南西部の4か所で捜索令状を執行し、4人を逮捕した。オーストラリア人女(57)、中国人男2人(45と50)は、違法薬物密輸関連容疑で起訴、また、首都圏南西部のナーウィーでも男(26)が逮捕され、商業量のアイスを所持しようとしたとして起訴された。

 警察の薬物特別捜査班は、「逮捕した4人は国際薬物密輸シンジケートの重要なメンバーと考えられる。特に26歳の男はシンジケートで重要な位置を占めている」と発表している。4人は1月22日に出廷した。

 さらに男がもう1人逮捕されたが、起訴処分なしで釈放され、警察ではさらに男の関わりの捜査を続けている。また、同シンジケート周辺の捜査も続けられており、今後さらに逮捕者を出すとみられている。
■ソース
Four arrested following Sydney seizure of 160 kilograms of ice

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る