パラマッタ路上の暴力事件2人逮捕

CCTVに路上の人物を蹴り続ける姿

 3月15日、NSW州警察は、2人の男が路上に倒れている人物を執拗に蹴り続ける姿を捉えた防犯ビデオを公開し、市民に2人の身元情報提供を訴えた。16日、2人は逮捕、起訴された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事件は2016年1月25日午後11時頃、パラマッタのソレル・ストリートで起きており、被害者は39歳の男性。この暴力事件の直前、ビクトリア・ロードを一人で歩く被害者とそれを尾行する容疑者2人がCCTVに捉えられていた。

 警察は、この事件を、「何の挑発行為もしていない被害者に暴力をふるったショッキングな行為」として、15日朝に公開した。

 15日午後、警察は、19歳の男を、集団暴行傷害などの容疑で逮捕した。男は保釈を却下され、16日にペンリス地裁に出廷した。また、26日午前11時にはQLD州在住の27歳の男が逮捕され、パラマッタ警察署で事情聴取を受けている。また、3人目の男の身元を捜査している。

 警察発表によると、20歳の男性が事件を目撃しており、負傷した被害者の救助に走り、3人は現場を立ち去った。被害者は顔、あご、口に切り傷を負い、またかかとを骨折しており、ウエストミード病院に運ばれた。
■ソース
Two arrested over ‘shocking’ assault on western Sydney street after footage released

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る